「植物エストロゲン」(フィトエストロゲン)とも言います。

植物エストロゲンは、
日常食べている植物の中に存在するポリフェノールの一種です。
 

さまざまな豆類(大豆やえんどう豆など)
さまざまな種子(ゴマやヒマワリの種など)
穀物類(お米や麦など)
さまざまな果物や野菜、ハーブなどにも含まれています。

IMGP1584


植物エストロゲンの構造は、
女性ホルモンのエストロゲンと構造が類似しているため、
体内のエストロゲン受容体と結合することが出来ます。

さらに、
もともと体内にあるエストロゲンの量を適正に保つ働きも持っています。

それによって
女性ホルモンバランスの乱れや、
ホルモン減少が原因の症状を予防改善が期待できます。

植物エストロゲンは、
糖分と結びついた配糖体という分子量の大きい状態で存在しています。

お味噌やお醤油のような発酵食品では、
すでに
分子量が小さな状態になっています。

通常の食材では
その大きな分子は、
そのままではエストロゲンの受容体と結合することはできません。
 
まず、
腸内細菌の働きによって、
分子量の小さな非配糖体してから作用します。


2016年3月27日までに発表された
植物性エストロゲンの更年期障害に対する62件の6,653人の女性を対象とした研究論文を精査して
まとめたメタ分析論文があります。

Use of Plant-Based Therapies and Menopausal Symptoms
A Systematic Review and Meta-analysis


その結果、
植物エストロゲンを摂取することで、
更年期障害の症状である
ほてりと膣の乾燥に少し改善が得られることがわかりました。






一般的に病院で
更年期障害の治療に使われているものに
合成エストロゲンがあります。


そもそも
エストロゲンというホルモンは
女性生殖器にだけ効くわけではありません。

最近になって、
エストロゲン受容体は全身の細胞に存在し、
その働きも驚くほど多岐にわたっていることが解明されてきました。


合成エストロゲンを服用することは、
女性生殖器以外の部位にも作用することになります。

そのため、
化学合成したエストロゲンの摂取では、

予期しない副作用

例えば、
パニック障害のような精神疾患を引き起こす例や
肺がんや卵巣がんのリスクを高めることなどが報告されています。



合成エストロゲンは、
処方する側も
正確に誰に予期せぬ副作用が出るかは
前もって知ることはできません。
 



身体に優しいホメオパシーでも
更年期障害の治療は広く行われています。


ホメオパシーでは
更年期障害のホメオパシーの効果に関する論文が多数発表されています。


この論文では、
Relton C, Weatherley-Jones E. Homeopathy Service in a National Health Service community menopause clinic: audit of clinical outcomes. Journal of the British Menopause Society, Vol. 11, No. 2, June 2005. 

更年期障害の患者さんの中の
81.4%がホメオパシー治療後に症状の改善しています。
主症状は、
紅潮、発汗、疲労感、不安感、不眠症、情緒不安、頭痛でした。
患者さんは
ホルモン補充療法(HRT)が受けられず(効果が無かったまたは希望しなかった)、紹介で来た症例です。
ホメオパシーでの治療は平均5ヶ月でした。




こちらの論文では、
Thomas KJ, Luff D, Strong P. Complementary Medicine Service in a Community Clinic for Patients with Symptoms Associated with the Menopause: Outcome and Sercive Evaluation. ScHARR, University of Sheffield, 2001.

更年期障害の患者の88%
ホメオパシーの有効性を確認していました。

非常に効果的な例での症状は、
女性の頭痛、疲労感、血管神経の症状、不眠などでした。



この論文では
Clover A, Ratsey D. Homeopathic treatment of hot flushes: a pilot study. Homeopathy 2002;91:75-9. 

更年期障害のホメオパシー治療における観察調査です。
ホメオパシー治療によって、
気分が良くなり
QOL(生活の質)も改善したことが確認されました。





合成エストロゲン薬に頼る前に
植物性エストロゲンやホメオパシーなど
身体に優しく
効果的な方法を試すこともよいかもしれません。





今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。


人気ブログランキングへ