以前
内戦状態のシリアの都市アレッポで猫たちを助ける男性
をご紹介しました。

彼は
現在も激しい戦闘が続くアレッポに残り、
避難する人たちが泣く泣く残していった猫たちの世話を続けています。


詳しくは→

ひかたま: 内戦で荒廃したシリアのアレッポで猫を助け続ける男性


 
ひかたま:アレッポ続報:祈り
 

そして、
爆撃。


ついに
猫たちのシェルターも爆撃されました。



「皆さま、すみません、今日は猫たちの様子をお見せすることが出来ません。
これが現在の様子です。(爆撃中)」


aleppoTwitter



そして
大切な猫たちの死。

apeoo3Twitter


希望「ホープ」という名のわんこも死亡。

iii2Twitter

施設も破壊されたようです。

どのくらいの猫たちが被害にあったのかは
保護施設のfacebookにて
随時更新されています。



今日もありがとうございます。

 
PS:
最近の異常気象や社会情勢などで
海外では動物の報道が
とても報道が急増しています。

でも
あいかわらず日本では報道されることはありません。

日本では
動植物に対しての関心が無いのでしょう。



お伝えしたいことは山のようにありますが、
仕事も山のようにあり
とりあえず
しばらくブログを一旦お休みするかどうか検討しています。

というか
すでに
ブログ休んでます。
(o^∇^o)ノ 
人気ブログランキングへ