キリンが
ついに
絶滅危惧種に指定されました。

国際自然保護連合(IUCN)の、
絶滅の恐れがある野生生物を分類した「レッドリスト」が更新され、
キリンが9種の亜種すべてを絶滅危惧種ニ類として正式に登録。


以前
コンゴ民主共和国でのキリンの絶滅について
書きました。

ひかたま:あと38頭:キリンが消える日

コンゴ民主共和国では、
もともとキリンの生息地で
たくさん生息していたとされています。

ところが
殺戮と生息地の破壊によって 
どんどん数が減り、
20年前には、
ついに350頭にまで減りました。

そして
現在生き延びているのは
38頭のみ。

 


また
キリンのしっぽの先端だけが欲しくて、
キリンを殺してしまう実態についても書きました。


ひかたま:「萬法一如」しっぽのおまじないで殺されるキリンたち



アフリカ全体でも
このたったの30年間で
キリンの個体数が約4割減っています。


1885年の調査では
アフリカ全土に、約15万~16万頭生息していましたが、
2015年には約9万7000頭にまで激減。



キリンを保護している専門家は、
「静かな絶滅」と表現しています。

ゾウやサイやゴリラのようには話題にもならず
誰も知らないうちに
あっという間に個体数が減っているからです。

IMG_2966blog


そして
最も今年心配なのは
「ヨウム」
1991年の調査から
生息数が99%減っています。



今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。

 
人気ブログランキングへ