再掲です。


20世紀初めには、およそ1000万頭がいたといわれるアフリカゾウ。
象牙を目的とした殺戮によって、40万頭ほどまでに激減しています。


さらに、
過去25年間に押収された象牙は、

1本当たり8.5kgから4kg前後にまで小さくなっています。
ゾウは、
5年おきにしか妊娠することは出来ず、
また成長するまでに長い年月がかかります。


密猟のスピードが加速したことにより

若い個体が密猟の対象となったこと
そして、
よりお金になる大型の象牙を狙った殺戮により、

大型の牙を持つゾウの遺伝子が絶えてしまったのです。

この写真は伝説の巨ゾウ 「サタオ」です。
地球上最後の大型の牙の遺伝子を持つゾウです。
 140616-elephant-satao-01_b9NBC News

他のゾウと比べて、この圧倒的な牙の大きさ
satao-bull-drinkingMark Deeble

地球上最後の巨象サタオも先日密猟者に惨殺されました。
この一報は、ケニヤの野生動物保護NPO団体のTsavo Trustがフェイスブックで報じました。

satoa22

推定享年45歳。
ゾウとしてはまだまだこれからの年代です。
この動画の最後のサタオのシーンは
涙なくして見ることが出来ません。




現在のペースでは、
密猟の速度にゾウの繁殖力は、到底追いつくことは不可能
確実に絶滅への道を歩んでいます。

アフリカの野生動物たちの保護活動を推進しているPaula Kahumbu博士は、
「実際のケニヤでの密猟被害は、公式発表の約10倍」と語っています。


すでに、サタオのような巨大な牙をもつ種はこれで絶滅してしまいました。
サタオと同じく大きな牙をもっていた「マウンテンブル」と呼ばれたもう一頭の巨ゾウも
サタオより一ヶ月早く惨殺されています。

現在、世界中の優秀な頭脳とお金は、
戦争や競争社会のために費やされています。

このお金と頭脳をすべて平和と調和を目的としたら
どんなにか
世界が明るくなることでしょうか。


人の欲望には節度がありません。
貪欲な想念は、この世界にさらなる混乱しか生み出しません。
無欲に自由に生きるというのは真の人間になる第一歩です。

今日もありがとうございます。



人気ブログランキングへ