チーター。

地上で最も速く走る美しい動物。


獲物を追跡するときは
最初の2秒で
時速72kmに達することもあるそうです。

100mを5秒台で走り抜けた記録があります。
時速は98kmだったそうです。


時速113kmというスピードで走っている記録もあります。


01sarahcheetahnews.nationalgeographic.com

アフリカに生息しています。

かつては、
アフリカ大陸全域の他にも
パレスチナからアラビア半島、インド、タジキスタンにかけて生息していました。

DNAの鑑定から
今から
約10,000年前に
一度絶滅寸前まで生息数が激減してしまい、
近親交配によって復活したとされています。


現在
チーターの数が激減し、
急速に絶滅に向かっている
ことが
新しい調査研究で判明しました。


野生のチーターは
100年ほど前には
10万頭以上いたとされていますが、
現在では
世界中に
わずか7100頭しか残されていないのです。


この図は
チーターの分布図です。
うすい肌色の範囲がかつてチーターが生息していた場所。

現在十分な数がいるのは
赤色の部分だけになってしまいました。
Cheetah_rangetheirturn.net/cheetah-pets


ジンバブエでは
たった16年間のうちに
1200頭いた野生のチーターが
わずか170頭にまで激減していました。

野生のチーターは
行動範囲がとても広く
人間と接触する機会が多くなり、
その分危険にさらされやすい状況となっています。

野生チーターの半数以上は、
アフリカ南部諸国を広範囲に移動しながら生活しています。

その広範囲な移動は、
野生保護区の範囲をはるかに越えています。

そのために
チーターの生息地の77%は、
国立公園や保護区の圏外になります。

近年
チーターの行動圏の多くは
農地として開拓されてしまい、
餌とする野生動物は人間が食用に狩ることが多いため、
チーターは充分に狩りができない状況に陥っています。



チーターの行動範囲はとても広いために、
いままで
生息数が激減するまで
誰も気が付きませんでした。



これだけ危機的な状況にも関わらず
ペットとしての密猟も横行しています。


湾岸諸国では
富裕層の間で取引されているのです。

cheetah-qatartheirturn.net/cheetah-pets


チーター保護基金Cheetah Conservation Fundによると、
過去10年間で
アフリカから約1200頭の子チーターが密輸されています。
そして
そのうちの
約85%が移動中に死亡したそうです。



チーターは
行動範囲が広いために
ただ保護区を作るだけでは
保護することができません。


害獣扱いして殺したり
ペットとするための密猟が根絶されなければ
明るい未来はないのです。



私たちに何ができるか
考えてみましょう。

ここでは
チーターのスポンサーも募集しています。
Book-CoverWebthumb-640x360cheetah.org/photobook


今日もありがとうございます。

ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。

 
人気ブログランキングへ