高級コーヒー
コピ・ルワクの真実



civet-coffee-1-696x441anonhq.com

コピ・ルワク(Kopi Luwak)という高級コーヒー豆があります。

「コピ」は、インドネシア語でコーヒー、
「ルアク」は、現地語でマレージャコウネコの名前です。


インドネシアに生息するジャコウネコの糞の中から採取される
未消化のコーヒー豆です。


$_1ebay.com.au


インドネシアのコーヒー農園では、
主にロブスタ種のコーヒーの実が栽培されています。

果実が熟したころになると、
野生のマレージャコウネコが、
そのコーヒーの実を食べにやってきます。

$_1 (1)ebay.com.au


コーヒーの実の果肉は、栄養源となりますが、
種子にあたるコーヒー豆の部分は
消化されずにそのまま糞と共に排泄されます。

この時に
種子の表面部分は消化酵素の作用によって
たんぱく質が分解・発酵されるために
独特の香りと味が作られるのです。



現地の人たちは
その糞を探して
洗浄して
コーヒーの種子を選別して、
コーヒー豆として利用します。

かつては
生産者は、
森に入り、
野生のジャコウネコの糞を探し出しすという方法だったために、
ごく少量の豆しか収穫することができませんでした。

そのため
もともとはとても貴重品で
超高級でしたが
いまではお土産店で普通に購入することが出来ます。


それには理由がありました。


最近は
野生のジャコウネコを捕獲して
とても狭いケージに閉じ込めます。

そして
野生とは違う栄養価の低い食事に
無理やりコーヒー豆をたくさん混ぜて
食べさせるのです。

とても劣悪な環境の中で
ジャコウネコを虐待しながら作るコーヒーとなってしまったのです。

bbcYoutube


現在少なくとも
数万頭ものジャコウネコたちが
不当に捕獲され
劣悪な環境下で
コピ・ルアクを生産され続けているのです。

civet-coffeeanonhq.com


この事実は
あまり報道されていません。

でも、
虐待コーヒーの事実を知ったら
それでも
美味しく飲めるものでしょうか?



もともとジャコウネコは
肉食動物です。

コーヒーの実は、ほんのわずかしか食べないのです。

でも
コピ・ルアクの生産現場では、
ジャコウネコたちの健康を無視したまま
コーヒー豆だけを食べさせ続けています。

bbc2Youtube


そのため、
多くのジャコウネコたちは
病気になり、
ひどい消化器疾患を患い
感染症にもかかりやすくなり
癌になり
死亡します。



だから毎年50トンを超えるコピ・ルアクが輸出できるのです。



販売する箱には
「野生100%保証:Wild 100%GUARANTEE」と表記されています。

IMG_3623aa



でも
潜入取材の結果では

実際は違いました。


次の動画は
野生のジャコウネコたちが閉じ込められている現場です。

のびのびとした森の中から
いきなり
狭く劣悪な環境へと閉じ込められたジャコウネコたちは
激しいストレスの中で
死ぬまでは
コーヒー豆を食べさせられて
生き続けなければなりません。




どうでしょうか。

野生動物を虐待してまで
美味しいコーヒーを飲みたい人なんて
いるのでしょうか?


こちらもどうぞ
ひかたま:ゾウさんのうんちの飲み物


今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。


人気ブログランキングへ