ペッカリー
鯨偶蹄目ペッカリー科に属する哺乳類です。


この写真は
オランダのバーガーズ動物園のペッカリーの母子です。
6a010535647bf397 zooborns.com


イノシシにとてもよく似ている
可愛い動物です。

ペッカリーは北米南部、中米、南米に生息しています。
1280px-Peccary_rangewikipedia

この子たちは
今年の元日に生まれました。
6a010535647bf3970b01bb096996fa970d-800wi zooborns.com

とても優しい動物で
人にも無関心で
基本的には無害です。

でも
人は、野生のペッカリーを毎年大量に捕獲、殺戮して
革製品として利用しています。

そのため、
危害を加える人間には、
抵抗することがあります。

6a010535647bf3970b01b8d2508458970c-800wi zooborns.com


ペッカリーの背中には、
麝香のような臭いの出る臭腺があり、
これをお互いにこすりつけ合って
意思疎通を図っています。

そのため麝香豚Musk Hogとも呼ばれることがあります。
6a010535647bf3970b01bb096997ee970d-800wi zooborns.com

普通は6~9頭ほどの群れを形成して生活しています。
大きな群れでは、
100頭ほどの規模になることもあります。

群れの中での個体同士には
明確な優劣関係がなく
雌雄の数や年齢は、さまざまです。

雌は妊娠して
出産になるときには
群れからいったん離れて出産します。

そして子供が生まれると
再び群れに合流します。

子供たちは約1年間、お母さんと行動を共にします。


そして
ペッカーリー最大の特徴の一つとして、

ジャガーなどの外敵に
ペッカリーの群れが襲われた場合には、

群れの中の1頭が
犠牲的精神で外敵に向かっていき
自ら生贄となります。



そして、
群れの残りの個体は
その間に安全に逃走します。

誰が犠牲になるかは
その場の判断でとっさに決めているようです。


この動物の命をかけた利他的な行動で、
2012年に起きた出来事を思い出しました。

米国コネチカット州で起きたサンディフック小学校銃乱射事件です。

突然武装した男が小学校に入り
子供たちを撃ち殺していった事件です。

この時に
子供たちを守るために
ロッカーに子供たちをかくまい、
その前に先生が立っていました。
武装した男に、
先生は「生徒たちはあっちに逃げた」と嘘をつきました。

その時に
一人の生徒が、
あまりの恐怖でロッカーから飛び出してしまいました。

犯人がその生徒を撃ち殺そうとした瞬間に
先生は
とっさに自分の命を投げ出し
生徒の前に立ちはだかり、
先生が自ら銃弾の盾となって
射殺されてしまいました。

この事件の所轄警察署所長は
「先生は、自らの命を犠牲にして、多くの尊い命を救った英雄。」
として讃えています。

ペッカリーたちも
この英雄にふさわしい精神を持った動物です。
6a010535647bf3970b01bb09699874970d-800wizooborns.com

そんな
気高い心を持つ
野生のペッカリーは
いまだに無慈悲に
多く殺されています。

人は
生贄の覚悟の出来たペッカリーだけではなく
群れごと射殺してしまいます。


手袋やカバンなどに使う革製品が人気だからです。
その顧客には
日本人も多いのです。



今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。

 
人気ブログランキングへ