私たちの身体は、
すべて自然界の素材で作られ
心臓の鼓動を生み出す力も
自然界に由来しています。


大自然の中で時間を過ごすことは、
野生のままの純粋無垢なエネルギーに接すること。

心身のバランスをとり、
心の眼を開き、
視野が広げていくことで、
人生の質を高めます。



写真は今月の朝の瞑想風景。
大自然の中で
ゆっくりと調和するのは
とても良いことです。
IMG_4702blog


現代社会では
大地をコンクリートやアスファルトで覆い隠し、
大地と水の境界線はコンクリートで仕切り、
森の木々は過剰に切り倒し、
必要以上に動物たちを殺し、
人間以外の動物を排除するために毒を撒き、
湿地や湖沼は埋め立て、
高層ビルや人工物で大空を隠し、
満天の星の夜空を灯りと汚れた空気で打消し、
季節の移ろいを五感で感じることが出来ない空調設備の中で過ごし、
自然の川のせせらぎや滝の音、風の音、虫の音よりもテレビの映像や音楽を優先させ、
人工的に整備された公園を自然と勘違いさせる。


自分で食べる食材も、
どこでどのように育ち収穫されたのか知らないまま、
原形をとどめないくらいに加工されてから購入する。




食品添加物、医薬品、電磁波、化粧品、嗜好品、化学物質、環境汚染など、
繊細な感性を鈍らせるものが蔓延する生活の中で、
気づかないうちに聖なるものとの繋がりを見失しなっている人がとても多くなりました。


こうして
人は自然の中に生まれたのに、
不自然な生き方をする不思議な生き物になってしまいました。

太陽の光の暖かさや
雨の滴の感触を
素肌で感じたことがない人もいるほどです。



自然とほとんど意味のある接触がなく育った現代の人たちは
身体的・精神的な問題を抱えやすいことが報告されています。

自然欠乏症候群です。
特に子供たちには
無垢な自然界での遊びはとても重要です。




不自然な環境、
不自然な社会の中に浸かり、
本来持っているはずの心身の健全さや純粋さにさえ気づかずに、
さらに
自ら不自然さを追い求めてしまうという生活では、
魂の飛躍的進歩は望めません。


自然界との調和する方向へ、
心が向いていなければ、
すべての行為は自我意識により歪んでしまいます。


自分の心に眠っている驚くほどの純粋さに気づき、
健全さを保つために
自然と一体化することは
とても大切です。


5IMG_809blog


私たちは、
人の手の入らない大自然を前にすると、
それだけで感動を覚えます。


自然界では、
共存共栄と調和が基本です。

私たちの社会も、
本来は現代のような競争状態にあるのではなく、
すべての存在の深い部分では調和して存在しているのです。

お互いが競争相手ではなく、
より輝く世界を構築するために相補関係にあるのです。

何故なら、
もともと私たちも調和のとれた大自然の一部だからです。
不自然な社会の中にだけ閉じこもっていれば、
それに気づくことは難しいでしょう。

IMG_4330


神の顕れである自然を尊びながら
自然の中に積極的に入っていきましょう。


空の果てしない広がりと青さ、
大地の安定感と暖かさ、
花の美しさ、
湧水の清らかさと柔らかさ、
樹木の忍耐強さと逞しさとしなやかさ、
岩の力強さ。


私たちの深い意識は、
宇宙の意識と密接に繋がっています。



五感と六感をすべて使って大自然と共鳴することで、
より純粋意識に近づきます。

人が本当に聡明になるのは自然の中で調和した時です。


身体の感覚を正しく使うことは、
創造主へと帰る手段の第一歩です。

人は五感という未熟な感覚を正しく使い慣れることによって、
次の段階である第六感を使いこなす資質ができる準備が整います。


霊性が未熟なうちに第六感を与えられた場合には、
すべての方向へ意識が向けられてしまう可能性と危険性がありますが、
狭い領域に限定された五感を通して意識を正しい方向に向けなければ第六感が使えないという物質界の法則に制約された状況においては、
第六感が目覚めた時点において
すでに
意識が正しい方向に向きやすくなっているのが一般的です。


この五感(視覚、味覚、触覚、嗅覚、聴覚)の感覚は
自然の中において正しい方向へ補正されるため、
大自然の中で五感を研ぎ澄ますことは
大切なのです。


大自然の中では、
光の中で、
風を感じ、
新鮮で澄み切ったエネルギーに満ちた大空の空気を胸いっぱいに吸い込み、
虫の声、小鳥の囀り、遠の響きに耳を澄まし、
遠く連なる山々を見通し、
大樹に抱きつき、
大岩に触れ、
裸足になって大地に触れ、
土の匂いや木の葉や草や花の香りを楽しんでみましょう。

3IMGP4864blog
今回は
すべての写真の中に私がいます。(*´∇`*)



今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。


人気ブログランキング