また怒られてしまいますが、

昨日
イルカ漁について書きました。


ひかたま:イルカ漁:仲間から離れない一頭のイルカ


予想通り
イルカに冷たい日本人の特性上
この記事だけアクセス数がとても少なかったです。



でも
書いておきます。




この女性の撮影した動画。

網に追い込んだ赤ちゃんイルカを漁網へと追い込む映像。

赤ちゃんイルカを捕まえようと数人の人たちが追い込みます。

赤ちゃんの周りには
それに動揺するお母さんイルカ。


お母さんイルカが
必死で
男たちに取り囲まれた赤ちゃんイルカの周りを泳いでいます。

パニック状態かもしれません。

dol1Facebook


男たちに捕まれた赤ちゃんイルカの左横
水面下にお母さんイルカが・・。

dol2Facebook

赤ちゃんイルカは必死に抵抗しています。

お母さんイルカは
見守るしか方法がありません。
dol3Facebook


拉致されていく赤ちゃんに
寄り添うことしかできないお母さんイルカ

dol5Facebook

動画はこちらから。

dok7Facebook

おそらく
この赤ちゃんは
水族館へ行くのでしょうか。



赤ちゃんを奪われた
お母さんは
殺されるかと思います。





和歌山県の公式見解(抜粋、一部伏字)は次の通りです。
「日本は四方を海に囲まれた島国で、古来より海産物を重要なタンパク源として利用してきました。
和歌山県の〇〇地方では、非常に山が多いため耕作地に乏しく、沿岸に来遊する鯨やイルカを古くから食料としてきたことは、ごく自然なことです。
この営みを一方的に批判したり、不正確な情報で煽ったりすることは、価値観の一方的な押しつけに過ぎません。」


今日もありがとうございます。

ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。

 
人気ブログランキングへ