スウェーデンの大手スーパーマーケットでは
環境を配慮して
ラベルや過剰包装を減らすために
試験的に
ラベルをレーザー刻印に切り替えています。

ラベルも大量の商品だと
やがてゴミになります。

ここでは
まず有機アボカドとサツマイモの皮に
炭酸ガスレーザー光線で
色素を抜くことで商品の情報を刻印するというもの。


wire-69237dailymail.co.uk

このスーパーは、
スウェーデン国内に1350もの店舗があるため
大幅なラベルの節約となり
その使用量は膨大です。
レーザー刻印をつかうことによって
環境に優しい方法となります。

wire-69239dailymail.co.uk

ただ、柑橘系の果物などは
刻印後数時間で
果物自身が修復してしまうために
使えないそうです。


このレーザーラベルは、
すでに
オーストラリアやニュージーランド、EU諸国でも実施されています。

今後世界的にも広まっていくのでしょうか。

商品にメッセージを刻印するサービスもできそうです。


まずは
過剰包装を控えることも大切ですね。



今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。 
 
人気ブログランキングへ