酒は百薬の長
と言いますが、
これは適度に飲んだ場合。

飲みすぎは
さまざまな弊害を引き起こします。

cocktail-1535518pixabay


アルコール性認知症というものがあります。

アルコール性認知症は、
お酒を多量に飲み続けた場合に、
脳梗塞などの脳血管障害を引き起こしたり
ビタミンB1欠乏による栄養障害などを起こして、
その結果
認知症へと発展していく状態です。


 
また
多量に飲み過ぎるだけでも、
脳は委縮していく傾向があり、

ある程度は認知症のリスクと関連しているとも考えられています。


0d6ffunny-drunk-guide-walkrandomoverload.org


軽い飲酒は
認知症の予防になると言われているものの

飲みすぎは
やはり認知症のリスクを増大させる可能性があるのです。






アルコールの摂取量と認知症リスクとの関係を調べた論文があります。

中国海洋大学の研究チームが
さまざまな論文を精査して分析を行う
メタ分析を行っています。

今回分析の対象となったのは、
被験者7万3,330人とすべての認知症4,586症例を含む11の論文、
被験者5万2,715人とアルツハイマー型認知症1,267症例を含む5の論文、
被験者4万9,535人と血管性認知症542例を含む4の論文
です。


その分析結果は、

アルコール摂取量が、最大12.5g/日以下では
認知症リスクが低下。


アルコール12.5gとは
ビール(アルコール含有量5%の場合)310mL(小ジョッキに八分目くらい)
日本酒(15%)0.5合
ワイン(14%)110ml (コップにほんの少し)
です。


認知症のリスクが最も低くなったのは
6g/日でした。


これは
日本酒だとおちょこに一杯くらい。
ワインだと、50ml。
これは、ヤクルトの小瓶が65mlですから、
それより少なめです。
養命酒の蓋に乗ってついてくる小さなカップ二杯分ですね。

お酒好きの人には
余計にストレスがかかりそうな量かもしれません。



そして、
アルコール摂取量が38g/日以上では
認知症のリスクは上昇するようです。


これは、
ビールでは、930ml  中ジョッキ(500ml)で二杯弱
日本酒では、1.5合
ワインでは、330ml (コップ一杯)


私はお酒を飲まないので、
これが多いのか少ないのかはわかりません。



でも、
飲酒は適量が一番良いということですね。

com_wp-content_uploaspotgator.com



今日もありがとうございます。

ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。



人気ブログランキングへ