キング・ポウハタン Powhatan(1547-1618年)
本名は、ワフンスナコック。

現在のバージニア州に定住していたポウハタン族の酋長です。

彼は
この地に属する30以上の部族を平和にまとめた功労者として
尊敬されていました。

164207-004-66F086BCglobal.britannica.com

キング・ポウハタン(ポウハタン酋長)は
アニメ映画で有名になったポカホンタスの父です。

英国人が初めて海を渡って北米大陸に入植してきた当時、
現在の米国バージニア州沿岸の
「テナコマカ」と呼ばれる土地に住んでいました。


ポウハタン酋長らポウハタン族は
入植してきた白人たちを温かく迎え入れ、
空腹の白人たちに食事を与え、
歓迎の印である「聖なるパイプ」の儀式を行って
お互いの和平を約束して、
彼らを兄弟として迎え入れました。



しかしながら
白人たちは、
心の中では先住民族を軽蔑しており、
いつか先住民たちを殺してこの地を征服してしまおうという考えがありました。



そして
白人たちは
和平調停を無視して
先住民族に銃を突き付けて
食料をもっと持って来いと脅し取るようになっていきました。


そして
土地を勝手に奪い、
そこに住んでいた先住民たちを追い払い、
しだいに
集落を徹底的に破壊して
そこに平和に住む人々を虐殺するようになりました。


ポウハタン族は
それでも
根気強く
英国人入植者のもとに交渉人を派遣して、
話し合うことにしました。

でも、
白人たちの要求は「土地は自分たちの所有物」であり、
ポウハタン族の「土地は誰のものでもなく、平等に共有されるもの」という考えが
全く理解されることはなく
交渉は決裂しました。


そして
英国人は、自分たちが勝手に決めた所有地にすむ先住民たちを
片っ端から虐殺していきました。


1613年、
ポウハタン酋長を「ポウハタン族の支配者」だと勘違いしていた英国人は
ポウハタン族を支配するために
酋長の娘ポカホンタスを誘拐し、
理不尽な要求と共に脅迫してきました。

ポカホンタスは
拉致監禁中に、
英国人と結婚させられてしまいます。

(ディズニーの映画「ポカホンタス」は
史実とかけ離れ、
白人に都合の良く歪曲されたものとして
先住民たちからは抗議されています。)




ポカホンタスの結婚を機に
束の間の和平が調停されますが、
その後も英国人は
変わらず
略奪と侵略を繰り返しつづけ、
領土を拡大していきました。



1618年、
ポウハタン酋長は
理不尽な扱いを受け続けながらも
和平の道を貫き通したまま、
死去します。




ポウハタン逝去後、
弟のオピチチャパムが酋長になります。

そして
調停者としては
末弟オペチャンカナウが交渉に当たりました。


1622年についに
これ以上の侵略を止めるために
ポウハタン族は白人の入植者村を急襲します。

しかしながら
その後
英国軍からの報復として民族浄化が行われ、
オペチャンカナウは
英国軍に捕まり投獄され、
牢の見張り番によって殺害されました。


調停者として信頼されていたオペチャンカナウの死によって
ポウハタンとその周辺部族の集合体であるポウハタン連邦の士気はさがり
事実上
白人入植者が支配する時代の始まりとなりました。



ポウハタン連邦の人々は
土地を追われ、
一部は入植者に同化し、
また一部は保留地に強制移住させられました。


強制移住させられた保留地でも、
白人たちによって勝手に土地を縮小させられていき、
理不尽な扱いを受け続けました。



最終的には
30部族を超えるポウハタン連邦は、
7部族を残して絶滅。



彼らが平和に暮らしていた集落の位置についても
白人が徹底的に破壊してしまったため、
現在では
正確な位置すら分からなくなっています。







現在でも
国際紛争や非人道的な行為は無くなるどころか
表向きは人道的な立ち振る舞いでカモフラージュしながらも
ますますエスカレートしています。


私たちは
こういった過去の歴史から
学ぶことはたくさんあると思います。




今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング