オランダの エラスムス・ロッテルダム大学医療センターの研究チームが、
マウスを使った実験で
衰えた肝機能を修復し、
腎機能を高め、
被毛の状態を改善し
老化した細胞を除去し
運動機能を高める新薬の開発に成功しました。

fx1cell.com


今回の研究では、
人に換算すると90歳相当の高齢のマウスに、開発した新薬を週 3 回投与。
約1年にわたって臓器の機能や被毛の状態、運動能力などの変化を調べています。

その結果、
老化現象から、若返りの効果が認められています。
新薬の副作用は認められませんでした。

これから
人に応用した臨床実験に入る予定です。


通常
新薬の治験バイトは高額なので、
臨床試験の実験台になりたい人は多いかもしれませんね。


今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。

人気ブログランキング