地球上に残されたキタシロサイは
あとたったの3頭。

オス1頭、メス2頭。

ケニアのオルペジェタ野生動物保護区で
24時間警護で保護されています。
その様子は、
「地上最後のオス」

「地球上最後のオスのキタシロサイの力強いお友達」
などでご紹介しました。

最後のオス「スーダン」は、
もう44歳になります。

そろそろ寿命を迎えるのです。

これは
動物保護団体The Perfect Worldが
スーダンに表敬訪問した時のもの。
sudan2Raggs Jacobsson

かなり高齢なのが写真からも推察されます。


メスたちも高齢で
交配も人工授精もすでに不可能です。



現在
日本、ドイツ、米国、イタリア、チェコ、オーストリア、オーストラリアの7ヶ国の研究者たちが
キタシロサイの救出プロジェクトに参加しています。



九州大医学部とドイツの国際チームは
キタシロサイのiPS細胞から卵子を作り、
将来の個体数増加を目指す研究を始めています。


生き残った3頭のサイやすでに亡くなっている個体から採取した細胞や精子が
ドイツや米国などに保管されていて、
すでに
一部でiPS細胞ができています。

このiPS細胞から
  ↓
始原生殖細胞を作り
  ↓
卵子を作ります。

そして
オスの凍結保存精子かiPS細胞から作った精子

iPS細胞から作り出した卵子と受精させます。

それを
近縁種であるミナミシロサイの子宮に移植する
という計画です。


実現には
まだまだ長い年月が必要とのこと。


奇跡の復活はできるのでしょうか。



今日もありがとうございます。

人気ブログランキング