一日お休みを頂いたので
湖沼を巡ってきました。

まずは
ここからスタート。

お山を通って
沼へ向かいます。
19029297_1251blog

初心者向けのコースですが、人は少なかったです。

高度を下げていくと
沼の色も少し変化していきます。
19030363_12510blog

こんな道を歩いていきます。

18951348_125111blog




6月中旬で
標高の低い樹林帯には
まだ残雪がかなりありました。
軽アイゼンを持ってくればよかったです。

まもなく沼に到着。
18765884_12blog


お天気も良く
最高の条件です。

朝なので、まだほとんど人は来ません。
水面に雪の照り返しが反射しています。

優雅なリゾートのようです。
5IMGP9481blog


沼の水の色は
角度によって変化します。
5IMGP9495ablog


沼に足を入れてみます。
5IMGP9479blog


とても
気持ちいい。


誰もいないし
一人なので
時計も見ずに
時間も気にしないでゆっくりと
水面の波の音を聞きながら過ごします。

19029675_12510blog



雪がとけた場所からはたくさんの植物たち。
3IMGP9449blog


19030585_12blog

この後は
近くの池によって
IMGP9559


また樹林帯を通り
高度を下げていきます。

とても美しい登山道を通ります。
19059484_125blog

樹木がとても美しいので、
たまに上を見ます。


1IMGP9594blog

綺麗な森の中を通ります。
19105925_12blog

新緑が綺麗で
何度も立ち止まってしまいます。

途中の道でも
人にほとんど会いませんでした。
19059925_125blog


美しい花も咲いています。
18953075_12blog




次は一気に高度を下げて
大きな沼へ移動します。

2IMGP9624blog


沼に近づいてきました。

19059102_12511028blog

車窓から見える水面です。

19029175_125110287blog

やはり見る角度によって色が変化します。

まもなく到着。
19060123_12511blog


到着。

やはり
誰もいません。
19025118_12511blog

日陰の浅い部分では
綺麗な緑色。

19030395_1251blog


太陽の当たる明るい部分は
まぶしい鮮やかな青色。
19059937_125110566blog5

ここでも
ゆっくり。

あまりにゆっくりとしすぎたので
まだ何も食べていないまま
午後3時。

一人で自然の中にいると
食事を完全に忘れてしまいます。

でも
空腹の方が
心が鎮まり
自然と一体化しやすくなります。



そのまま
次の沼に移動します。

ここも静かな沼。
19023551_12511blog

沼の周りに遊歩道があります。
18952523_12blog


皆さん、観光地には行っても
こういう場所には来ないのですね。

1895336blog

静かな時間。
189549blog


風が吹くと
水面が白くざわめきます。
1914888blog


この沼から
川へ。
1903blog

そして
滝。

18951482_125blog

ヤマツツジが真っ赤でした。

19146176_12blog



最後に大きな湖。
4IMGP9300blog



帰り道のパーキングエリアで一旦休憩してから帰りました。

19029737_1251blog


19149001_1251blog


一日でいろいろな湖沼を巡ることが出来ました。

とても静かで優雅な時間でした。


今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。


人気ブログランキング