いままで何度も喫煙の害について書いてきました。

ひかたま:タバコと妊婦:胎児への影響

ひかたま:喫煙によるDNAの損傷

ひかたま:完全禁煙国を目指すフィンランド

など。


今回は
妊娠中の喫煙についての新たな報告です。


image_previewwww2.le.ac.uk


今まで、妊娠中の喫煙によって胎児に悪影響があることは
よく知られてきました。

今回、
スコットランドのエジンバラ大学とグラスゴー大学、アバディーン大学の共同研究チームが
ES細胞(胚性幹細胞)の手法を応用して
喫煙による胎児の細胞変化について詳細に調べました。

胎児の肝臓組織を多能性幹細胞から再生し、
この組織にタバコの煙を与えて、細胞の変化を調べた研究です。

その結果、
妊娠中の喫煙は、
胎児の肝臓組織へ大きな悪影響があることが証明されました。


その影響は
胎児の性別によって異なりました。

男の赤ちゃんでは、肝臓に瘢痕が残り、
女の赤ちゃんでは、さらに深刻な損傷を受け、
代謝機能にまで障害を受けることが判明しました。



胎児は、各組織が発達するとても重要な段階です。
その初期段階で、
体の健康に必要な肝臓組織までもがダメージを受けてしまうのです。



3ed8342172a9d5359f06c6f60cb1b57cpinterest.jp

タバコは何のために吸うのでしょうか?
誰も人を傷つけてまで吸いたいとは思わないはず。

少なくとも未来の世代を傷つけてまで吸うことは控えてほしいと願います。


今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。

人気ブログランキング