蜂蜜が
健康に有害な血管プラークを減らすことがわかりました。

血管プラークとは
簡単に言うと、
血管内の脂汚れの厚みのこと。

これによって、血流が妨げられます。

そのため血管プラークが進行すると、
心筋梗塞や脳梗塞、認知症などをおこす原因にもなる怖いものです。


従来、ハチミツは血管プラークに良くないとみなされてきましたが、
動物実験では
30%も血管プラークを減らすことが判明しました。


特に有効な成分は
ハチミツ内に含まれるトレハロースだそうです。

トレハロースは、
タンパク質の一群である転写因子「TFEB」を活性化させる作用があります。

このTFEBは
マクロファージに動脈壁に蓄積したプラークを取り除かせる作用があります。

マウスを用いた実験では、
トレハロースは蓄積した血管内プラークを約30%減らすことが出来ました。



現在
トレハロースは
化学的にトウモロコシやジャガイモの澱粉から作られていますが、
やはり
天然のものが良いようです。

413CD39D0000dailymail.co.uk


これは動物実験の結果ですが、
人にも適用できるものと推測されています。






今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。

人気ブログランキング