ブラジル・リオデジャネイロで
犬と猫の整形手術を禁じる法律が承認されました。


犬の断尾や断耳(耳介切断)、
猫の爪根の切断
などが対象です。



976914841828e1b758b8749apinterest.jp


2016年7月に
ブラジルの獣医学における国民会議は、
公式文書において、
動物に対する整形を違法とすること、またその処置を行った獣医師の免許剥奪を強く要求する決議を発表していました。




これらの
動物虐待手術は
日本ではいまだにショードッグを中心に日常的に行われています。



しかも断尾については
無麻酔のまま脊椎脊髄の延長である大切な尾を切断してしまいます。


現在は
動物たちの立場から
実施をしない動物病院も増えてきています。

でもまだ
手術をしてはいけないことに対して
ブリーダーさんや飼い主さんの理解が得られないこともとても多いのです。


私も開業当初だけは、ショードッグたちをかなり切りました。

でも
20年以上前に動物たちに有益ではない美容整形外科をすべて禁止にした途端、
ブリーダーさんたちは一斉に離れていきました。

それまでは、
ブルーダーさんたちから、犬を購入した人の紹介もあったのですが、
美容整形をやらないことになったら、
紹介も無くなりました。

当時、
飼い主さんたちの中にも
犬は尻尾があるのはおかしいから、切断してほしいとよく言われました。
そのたびに何故切ってはいけないのかを説明し、説得。
多くの飼い主は、
単純に犬の尾は切断すべきと洗脳されていたのです。

でも
犬は尻尾があることは自然なのです。



詳しくは
こちらをご参照ください。

ひかたま:大切な犬の尻尾:断尾



今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。

人気ブログランキング