雨が降りそうなので、
苔の森へ行ってきました。


2IMGP2151


ここは485種もの苔が観察できる原生林。


世界には
17,000種もの苔があり
日本には
1,800種もあるそうです。

こんなに小さくても
ちゃんと種の区別がつけて
数え上げた人はすごいですね。

2IMGP2114


苔は
もともと「木毛」と書くそうで、
木に生えた毛のような植物という意味なのでしょう。
2IMGP2096

苔の中に
キノコをはじめ
さまざまな植物の赤ちゃんたちも混生しています。

倒木すると
すぐに苔が生え始めます。
2IMGP2068

美しい緑の絨毯。
苔には
根が無いので、地中から水を吸うことはできません。
でも
だから、
岩の上でも木の幹にでも広がることができるのです。


そして
空気中のから水分とともに
窒素やリンなどの栄養分も吸収していく。

2IMGP2058

コブのように木の幹を上がっていく苔は
カギカモジゴケでしょうか?
4IMGP2055

苔をいつも愛でているのに
苔の名前だけは
教えてもらっても
すぐに忘れてしまいます。
何故だろう。

8IMGP2098

こちらはダケカンバの木の幹の苔の塊から
コメツガの赤ちゃんが生えています。
8IMGP215blog3


こちらも木の根元に
他の木の赤ちゃん。
8IMGP2152


湖のほとりに出ました。倒木して水面から出ている部分には
やはり
苔。

8IMGP2100


この湖は、
日本で最も標高が高いそうです。
8IMGP2103




3IMGP2111


コケは生態系の維持に重要な役割を担っています。


8IMGP2106


こちらは、
ドーム状の苔の塊。
8IMGP2139


妖精さんの秘密基地のような
苔ドームがずっと向こうまで続いています。

これはムツデチョウチンゴケのようです。
3IMGP2135



3IMGP2137


3IMGP2131


3IMGP2124

苔の鑑賞には
拡大鏡を持っていくといいと思いました。
あと図鑑。

さらに
苔をアップで撮れるカメラもあるといいですね。


苔の森を歩いている間、
空気が美味しく
苔の香りもしました。



今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング