口が健康な人や動物は
病気になりにくい。

これは事実です。
Porphyromonas gingivalisという歯周菌がいます。
これが
主に病気の誘発に関連しているといわれています。

口腔内には
全身の健康に悪影響をおよぼすさまざまな種類の細菌たちが
存在しています。

その代表格が
Porphyromonas gingivalisなのです。


e0b73acaadc8b1b3150454ad1fc2stomatologclub.ru


ちなみに
この歯周菌は
細菌用品専門店では
ぬいぐるみとしても人気です。

gingiantmicrobes.com



話は戻りますが、

歯周菌が
2型糖尿病、心臓病、肝臓病、腎臓病、脳卒中、動脈硬化性疾患、関節リウマチなど
さまざまな疾患のリスクを高めることが疫学的な研究で明らかになってきました。



いままでは、
歯周局所から血行性に歯周菌が全身循環に侵入し、
さらに
歯周組織で産生された炎症性サイトカインが血行性に全身循環に入り、
さまざまな組織や臓器にて炎症を誘発する

という機序が一般的と言われてきました。


aka新潟大学


でも、

これだけでは
説明できないことも多くありました。




今回新しいメカニズムを発見したのは、
新潟大学医歯学総合研究科と理化学研究所との共同研究によるものです。


それは、
歯周菌が
腸内細菌叢を変化させて、
腸管免疫をTh17優勢な応答にシフトさせることにより
炎症を悪化させるIL17の産生を亢進させて
関節炎を悪化させる

というメカニズムでした。

aka2新潟大学


私たちの身体は
すべて密接なつながりを持っています。

口が綺麗であれば
清浄な食事は
そのまま体内に取り込まれます。

でも
口が汚ければ
清浄な食事でも
汚れてから体内に入ることになります。


清浄な食事を摂るのと同様に、
またはそれ以上に
清浄な言葉を使うことも大切だと思っています。

口に入る食べ物と同様に、
口から出る言葉も、
その人を創ります。

清浄な物を適度に食べて、
清浄な言葉を使い、
休む時には断食と沈黙。

口の使い方が変わるだけでも世界が変わります。




今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。


人気ブログランキング