なんとも悲しいニュースから。

IFAW_Elephant_Family2thegreentimes.co.za


ちゃんと保護されていれば
アフリカの保護区にいるはずの
73万頭のゾウが消えてしまった
という調査結果があります。

どこにも
いない。

大量殺戮の結果です。

73dailymail.co.uk





保護区では人に守られているはずのゾウたち。


現実には
いまだに無慈悲に殺され続けています。


保護区であっても、
保護されていないのです。


白人たちがアフリカを植民地にする前には、
約2000万頭のアフリカゾウがいたと推定されています。

ゾウたちの楽園でした。

白人の植民地化によって次々と惨殺されたゾウは、
1970年頃には100万頭ほどに激減。

その後は加速度的に激減中。

国際自然保護連合(IUCN)による調査では、
厳しい保護政策にもかかわらず
過去10年だけでも約11万頭が殺されています。


今のままでは
ゾウの絶滅は時間の問題です。


いまだに
インターネット上で気軽に象牙の売買されている
日本。

違法取引の象牙を
合法にすり替えている業者もいることが判明しています。

すべての象牙製品は、
ゾウの命を犠牲にしたもの。




ゾウたちは
自分たちで密猟対策を始めています。



アフリカ東部に生息するゾウの調査では
ゾウたちは
密猟者から逃れるために、
そっと静かに夜間に移動して、
日中は身を潜めることがわかりました。



ゾウは本来、
日中に餌を求めて移動し、
夜に眠る生活をする動物です。

ところが密猟の急増によって、
ゾウは通常の習性を逆転させて
自分たちを守らなければならない状況に直面していたのです。


夜間は、赤ちゃんゾウにとっては脅威です。
でもかかわらず、
自衛するしか生き残る方法がない。



これだけの科学技術が発展した現代社会でも
私たちは
アフリカの動物も人も
守っていない

という現実。



今週もニジェールでは、
洪水で少なくとも54人が死亡、20万人が家を失っています。
先週の台風19号では、ベトナムやラオスで
甚大な被害がでています。
でも
日本では報道すらされていない。

311や911の報道で
人生観が変わったという話はよく聞きますが、
その陰で
どれだけ多くの人が犠牲になった出来事が
日本の報道では無視し続けてきたことか。


よその国で大量殺戮があった日でも
日本の報道は
不倫報道の方が最優先されてしまいます。
なぜ?


今週でも
海外の大手メディアでは、
世界各地の災害や
ロヒンギャ族の民族浄化の報道も多いのに、
日本ではほとんど報道しない。




「愛の反対は、憎しみではなく、無関心」

自らのホロコースト体験を自伝的に記し、
1986年にノーベル平和賞を受賞したエリ・ヴィーゼルの言葉です。

Quotation-Elie-Wiesel-T



今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング