ハリケーン・マリアが直撃した米国自治領プエルトリコ。

最大風速70m近い暴風と豪雨によって、
広範囲で建物や施設などが破壊され、
洪水も発生。
送電網も破壊されて全土で停電して、
壊滅的な被害が出ています。

知事は、今回の被害はいまだかつて経験したことのない悲惨なもので
米国などからの迅速な支援がなければ、
人道危機の懸念が高まると発表しています。
またたった1週間で数十年分時代が後退してしまったと。


主要道路も寸断。
main_1500.theatlantic.com


各地の村も壊滅状態。
main_1500 (3).theatlantic.com

動物たちも数多く溺死。
main_1500 (2).theatlantic.com


家はことごこく破壊されてしまいました。
main_1500 (1).theatlantic.com

通信網も使えず、
人々は電波を求めて
タワーに携帯電話をかざしています。
main_1500 (4).theatlantic.com


こちらでも
人々が携帯電話の電波を求めて
ハイウェイに車を停めて動かない状態です。
main_1500 (5).theatlantic.com


ダミも崩壊。
main_1500 (8).theatlantic.com


マリーナなど海岸沿いの施設は壊滅。
main_1500 (7).theatlantic.com

まるで津波の跡のようです。
main_1500 (6).theatlantic.com

水も食料も不足しています。
main_1500 (9).theatlantic.com

空から見た壊滅した町の様子。
main_1500 (10).theatlantic.com


プエルトリコは
独立国家ではなく、
グアムのように
米国の自治領です。

米国であるにもかかわらず
財政はすでに破たんしていて
2017年5月3日に米国連邦地裁に破産申請をしたばかりです。

プエルトリコの債務は
米国自治体の破産規模としては史上最大の
約7兆9千億円にもなりました。

多額の借金に苦しんでいるところに
追い打ちをかけるように
今回のハリケーンによる壊滅的破壊で、
本当の深刻な危機にあります。



多くの人々が
無事に安心できる生活が送れますように。



今日もありがとうございます。

ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。


人気ブログランキング