この豚さん。
まるでボディビルダーのような筋肉です。

44D8C6DE000005dailymail.co.uk


以前、当ブログでも
牛の品種改良で筋肉だらけのベルジアンブルをご紹介しました。

ひかたま:「欲深禍重」筋肉増強牛ベルジアンブルーブル

この牛は、
筋肉の過剰な生成を抑える成長因子ミオスタチンの自然変異によって、
筋肉が過剰に発達してしまう牛を
殺して食べるためだけに
作り出した品種です。


話は戻って
今回のブタさんたちは、
Duroc Cambodiaという会社が
作り出した品種です。


筋肉が大きすぎて
綺麗に歩くことができません。


この写真では
向こう側の白い4頭は正常に見えますが、
手前の1頭は、
かなり筋肉が異常な発達になっています。
44D8C7E8000dailymail.co.uk


この豚の精子と人工授精キットはとても安価で販売されています。
44D8C63100dailymail.co.uk


この豚さんたちは
人間が食べる欲求を満たすためだけに
無理やり作られたもの。

32頭の豚さんのうち
生後8ヵ月齢まで生き延びたのは
13頭。

健康に問題がないと思われたのは
たったの
1頭でした。




「欲深禍重」

欲が深ければ
災いが大きくなる
という意味。

適切で適度な欲は
あらゆる物事を遂行する原動力となります。
でも
行き過ぎた欲
自然の摂理に反する欲は
いつか災いを呼ぶことになります。

過剰に品種改良した動物たちを
過剰な食欲の犠牲にすることも
自らの心身によい影響はないでしょう。


自分が食べる食材を決める時から
少しずつ少欲を実践していくのは良いことだと思います。



こちらも
ひかたま:「欲深禍重」筋肉増強牛ベルジアンブルーブル

今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。


人気ブログランキング