米国シーワールド内で生まれたオルカの赤ちゃん
「キャラちゃん」が
生後3ヶ月齢で
感染症により死亡していたことが公表されました。


シーワールドでは
繁殖計画はすでに
中止しているため
施設で生まれた最後のオルカでした。

20431294_10156058facebook

オルカは
野生では100年以上長生きできる動物ですが、


水族館での平均寿命は、
たったの5年です。


他のクジラやイルカも同様に
水族館では
早死にしてしまっています。

シーワールドでは、
この30年間に
150頭もの、オルカやイルカ、クジラ、ベルーガなどが死亡しています。

これは
本来の寿命を考慮すると
異常な死亡数です。


今後は
水族館の大型動物たちは
どうなっていくのでしょうか。






こちらも
ひかたま:オルカとネイチャーネットワーク構想

ひかたま:イルカ問題:動物園水族館協会の結論

ひかたま:オルカの歯

ひかたま:ティリクムが瀕死


今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング