トンケアンモンキーのエヴァリンちゃん。


この写真
お猿のお母さんエヴァリンが
亡くなった赤ちゃんを何週間も抱き続けているところです。


maclivescience.com/Arianna De Marco

赤ちゃんは
すでにミイラ化しています。


赤ちゃんが生まれて5日後に亡くなりました。

亡くなった時も
エヴァリンは
献身的に赤ちゃんの亡骸の世話をしていました。

赤ちゃんが生きていないことに
気が付いたのか
赤ちゃんの遺体の口の中に指を入れたり舌を入れたり・・。
mac2livescience.com/Arianna De Marco

全く何日も動かない赤ちゃんを抱きしめながら
悲しい顔つきをしています。

mac3livescience.com/Arianna De Marco


ミイラ化して
朽ち果てても
離さずに
持ち歩いています。
mad6livescience.com/Arianna De Marco

類人猿では、
亡くなった赤ちゃんを抱き続けるのは
よくあることのようです。


でも
たいていは
しばらくすると
遺体を手放します。

でも、
エヴァリンは
手放しませんでした。


本能的で根気強い母の愛は
とても強いものです。



愛と忍耐

どんな学術的な知識よりも、はるかに大切なことを
動物たちは
おしえてくれます。



今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング