11月の星空ガイドです。

night-sky-guide-2017-november

11月1日 十三夜月
名月といえば、中秋の名月と十三夜月。
十三夜月は
旧暦9月13日に見られる月です。

栗の時期の名月のため、栗名月とも呼ばれます。
(ちなみに中秋の名月の別名は「芋名月」です。)

あと少しで満月!という趣がいいようです。

中秋の名月を鑑賞した方は
十三夜月も鑑賞しなければなりません。
どちらか一方だけを愛でるのは、
「片見月」と称して
名月鑑賞完了には物足りないのだそうです。



11月4日 満月
日本とは違い、西洋ではやはり十三夜月を愛でることはなく、
満月です。
この月の満月は
ハンターズ・ムーン(狩人の月)と呼ばれています。

夜に月が空高くあり、
夜間の狩りにも明るく照らすということのようです。
でも
寒すぎるので
フォロスティ・ムーン(凍える寒さの月)とも呼ばれます。

アメリカ先住民たちは
ビーバー・ムーンと呼びます。
これは川が凍る前にビーバーの罠を仕掛けるためだそうです。


11月7日 立冬
どおりで寒いわけだ。
暖かい格好で星空を観ましょう。


11月上旬から中旬 おうし座流星群
小さな流星群で、
北群と南群の二つに分かれています。

2017年のおうし座流星群は、
11月5日、南群の極大
11月12日、北群の極大
と予想されています。

特に南群の極大は、
天高く照らす満月の影響で
あまり流星は見えることがありません。

流星の出現数は1時間当たり最大5つほどと少なく
1ヶ月半に渡り
少しずつ長い期間続く流星群です。


たまに火球も現れます。
火球は私も山の上から観ましたが
見ごたえがあります。


2017年11月11日~12日  レグルス食
これは
双眼鏡や天体望遠鏡がないと見えにくいと思います。
1等星の明るいレグルスは、しし座の星です。

しし座は春の星座ですが、
11月には、真夜中ごろに、東の空に昇ってきます。

このレグルス食は
日本でも見える地域と見れない地域があります。
東日本と北日本で観察できます。
レグルスの潜入から出現までの一連の現象が観察できるのは
北海道など限られた地域だけです。

詳しくは国立天文台のウェブサイトへ。
topics01-s国立天文台


11月18日夜明け前 しし座流星群
待ってました。
ついにしし座流星群の季節です。

今年のしし座流星群の極大は
11月18日の1時と予想されています。

月明かりの影響もほぼありません。
ただし、
この流星群の母彗星であるテンペル・タットル彗星は、
いまだ地球から遠ざかっていますので
流星の数はあまり多くはなく
1時間あたり15つくらいと予想されています。

でもしし座流星群の楽しみの一つは
明るい火球が見られる可能性が高いことです。

ちなみに
しし座流星群は
1999年にヨーロッパで1時間当たり5,000つの流星
2001年には日本でも1時間当たり5,000つの流星が降り注ぎ、
さらに1時間当たり1,000つを超える流星が4時間も続いたのです。


こうなると
流星群は
流星雨と呼ばれます。

皆さまは見ましたか~?

雨のように降り注ぐ流星たち。
またみたいですね。
(*´∇`*)

このほかには今月の星空では
11月13日~14日  金星と木星の接近
11月15日  月と火星が並ぶ
11月17日  月と木星と金星の接近
11月21日  月と土星の縦並び
11月23日       海王星が留
11月30日  火星とスピカの接近

などがあります。




これは国立天文台のウェブサイトから東京の11月の星空
sky-s国立天文台

温かい飲み物を用意して
温かい恰好で寝転がって
流星群を観察したいですね。




新刊「君が代から神が代へ」
きれいねっと出版から限定発売。
こちらから。
s171111aきれいねっと



今日もありがとうございます。

ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。


人気ブログランキング