人の腸内には
とてもたくさんの腸内細菌たちが共生しています。

その数
およそ500~1000種類、
総数100兆個もの腸内細菌が共存しています。


昔から
腸の綺麗な人は病気になりにくいとか
がんの治りが良いとも言われています。


それは
バランスのとれた腸内細菌たちが
腸管の免疫系を活性化して
最善の状態に保っているからです。



腸と腸内細菌たちは
実は
とても大切な
体の中で最大の免疫器官なのです。


maxresdefaultyoutube

腸内細菌叢は
私たちの健康にとても大きな役割を果たしています。


実際に
がんの治療においても
腸内細菌叢の改善をすることもよくあります。


さまざまながんや腫瘍で
腸内細菌の活躍が報告されています。

例えば
がん細胞は、
免疫細胞によって死滅させられないように
免疫にブレーキをかけて、
免疫細胞の攻撃を阻止しています。


がん細胞は、
がん細胞を攻撃するT細胞の働きにブレーキをかける仕組みがあるのです。

がん細胞は
PD-L1という武器を放出し、
がんを攻撃するT細胞が持つPD-1と呼ばれる受容体に結合してしまうことによって、
T細胞の攻撃が発動しないようにしてしまいます。



そのPD-1メカニズムの部分にも
腸内細菌はT細胞を助ける役割として関わっています。

また
T細胞も
IgA抗体産生を介して腸内細菌叢を育てています。

免疫細胞と有益な腸内細菌は
お互いに助け合っているのです。




腸内細菌とPDー1との関わりによるがん治療の効果も
調べられています。

例えばこちらは上皮性腫瘍
rrscience.sciencemag.org


こちらはメラノーマ

ttscience.sciencemag.org


腸内にいわゆる善玉菌が優位に多いと
がんを死滅させる免疫細胞が増殖しやすくなる
ことが判明しています。


このことは
風邪をひいたり
病気になっても
腸内細菌叢を激変させる抗生物質の服用は
慎重に行う必要があることを意味しています。


普段から
腸内細菌たちをバランスよく育てるような食べ物や環境にすることが
健康の土台となります。


食物繊維の多いものや日本の伝統食には
腸内細菌を育てるものがたくさんあります。


お肉は腸内にもよくない影響が強いので、
控えるといいかもしれません。




こちらも
ひかたま:伝統の食事
ひかたま:少食と健康

今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング