私たちはスマホの普及によって
日常的にカメラを使う習慣ができつつあります。

今日は
カメラが発明されることにとても大きく貢献した人物についてのご紹介です。


アルハゼン。


本名アブー・アリー・アル=ハサン。
西洋​で​は、
アラビア​語​名​の​ファーストネーム​の​アル​・​ハッサン​を​
ラテン​語​に​し​た「アルハゼン」​
と​いう​名前​で知られています。

1001i_ibn_H_twitteribnalhaytham.com


西暦965年生まれ。
多彩な科学者であり、
主に数学者、天文学者、物理学者、医学者、哲学者、音楽学者として知られています。

歴史上最も偉大な科学者の一人とも言われます。

やはり偉大な科学者であったレオナルド・ダ・ヴィンチよりも
500年も前に生まれています。


特に
アルハゼンの功績としてよく知られているのは
写真技術の基礎原理を発見したことや
レンズの開発に大いに貢献し、眼鏡・顕微鏡・望遠​鏡などの開発につながったこと


物理​学​史​上最も​重要​な​書​の​一つと​され​ている
「​光学​の​書」を書いています。

この書は
何世紀にもわたって
学者たちに読まれ続けました。



若いころ
アルハゼンは、
当時のエジプト​の​周期​的​な​洪水​と​干ばつ​を​防ぎ、
安定した治水を行うために
​ナイル川に巨大なダムを建設すると​いう​計画​を​立案しました。



現在のエジプトの治水事業の始まりであるアスワンダムは、
1901年に完成し、
現在のアスワン・ハイ・ダムは
1970年に完成していますが、
それよりも
1000年も前のことです。

当時のエジプトを支配​するファーティマ朝の第6代カリフであったハーキム​が
アルハゼンの構想を聞いて感心しました。
そして
ダム建設に向けて​アルハゼンは、​エジプト​に​呼び出されました。

ところが
​ナイル​川​の規模からは、彼の立案したダム​計画は実現が難しいことがわかりました。

もしそれを残忍冷酷で有名だったハーキムに言えば、
処罰どころか処刑されてしまうかもしれないことから
​ハーキム​が​亡くなる​まで​の11年間、
アルハゼンは精神病のフリを続けて
軟禁​状態​にされ、
処罰を逃れていました。

この軟禁状態の時にも
さまざまな研究に余念がなかったと言われています。

特に
光に対してよく研究していたようです。


全七巻​の「光学​の​書」も
この時に書かれたものです。



「光学の書」には、
光の性質から、レンズについて、眼の解剖学的特徴や仕組みまでが詳細に書かれ
その後
何世紀にもわたり
各国語に翻訳されました。


ヨーロッパ​の​研究者たち​は
​光学の書​を参考にして
​​眼鏡や​​望遠​鏡​や​顕微鏡​を​開発していきました。


現在のカメラの原理となったカメラ・オブスクラを発明したのも
アハルゼンでした。

CamaraOscurawikipedia


アハルゼンの発明から800年経って
1800​年代​に​は
​カメラ​・​オブスクラ​で得た画像​を​保存​する​ため​の​感光​板​が​取り付け​られ​まし​た。
これが
写真​機​の​誕生です。

写真機は
​カメラ​・​オブスクラ​にちなんで
「カメラ」と呼ばれるようになりました。


アルハゼンは、
日本ではあまりなじみがないものの、
科学​史​上最も​重要​で​影響​力​の​ある​人物​の一人とされています。







今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング
君が代から神が代へ 上巻
森井 啓二
星雲社
2017-12-18