米国カリフォルニア州南部サンタバーバラ郡で起きた豪雨による大規模な土石流。
この土石流では
ねばりけの強い泥に埋まってしまい
救助活動や清掃作業が難航しています。

いまだに多くの人の安否が分かっていません。

これは被災地の車の車内です。
すごい泥流でガラスも吹き飛んでいます。
main_1500theatlantic.com

無事に救出された人
main_1500 (2)theatlantic.com


犬たちも泥流の中で避難しています。
main_1500 (3)theatlantic.com

こちらの車は原型をとどめていません。
かろうじてタイヤから車だと判別できる状態です。
main_1500 (4)theatlantic.com

泥と大きな岩で救出活動は難航しています。
main_1500 (5)theatlantic.com


生存者を探す救助犬。
main_1500 (6)theatlantic.com

この家は泥と無数の巨石に埋まっています。
main_1500 (7)theatlantic.com


家の中。
修復できるのでしょうか・・・。
main_1500 (8)theatlantic.com


こうなるともう家とは言えず
瓦礫です。
main_1500 (9)theatlantic.com

活躍中の救助犬
こういう時には
犬はとても頼りになります。
main_1500 (10)





この地域一帯は
土石流の前には10ヶ月にわたって干ばつに見舞われ、
先月には大規模な山火事で被災したばかり。

昔、多くのサイキックたちが
この地に近い将来来る巨大地震「The Big One」を予言した場所。


私のヨガの師も
未来の巨大地震の様子を視ています。

科学的にも
起こるか起こらないか
ではなく
いつ起こるか
ということが焦点になっています。


なんだか
こうやって
多くの人に「ここから安全な場所へ逃げて」というサインなのだと感じます。


そして、
日本では他国の災害はあまり詳細には報道されませんが
これは
これからどこにでも起こること。

もちろん
日本にも。


他人事ではありません。

今回被災した人たちが
早く通常の生活に戻れますように心よりお祈りします。


今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング