クアッガ

南部アフリカの草原地帯に生息していた動物です。

上半身だけシマウマ。

Quagga_fsnamibian.org


人間の開発による生息地の減少と
無差別の乱獲により
絶滅しました。



クアッガの生息地では、
移住してきた白人たちが
現地の人々から家畜を奪い取り、
その家畜を放牧する敷地を広げていき、
そこに生息するクアッガは
邪魔として次々と射殺していきました。

クアッガの肉は食糧として、
皮は靴・袋などに加工されました。



1861年に
最後の野生のクアッガが射殺されました。



この時点では
まだ
ヨーロッパの動物園にクアッガは、数頭飼育されていました。

最後の雄のクアッガは、
動物園で暴れたという理由によって
殺処分されてしまい、
その後
1883年に
最後に残った雌も死亡し
絶滅。


これはロンドンの動物園にいたクアッガの
生きている姿を撮影した貴重な写真です。
Quagga_photowikipedia


このクアッガは、
最近になって
剥製に残る肉片からDNA解析した結果
サバンナシマウマの亜種であることが判明しました。


このDNA鑑定がきっかけとなり
1987年から
クアッガを復活させる
「クアッガ・プロジェクト」
が始まりました。

kuaquaggaproject.org



これは
クアッガに似た模様や体色をしているサバンナシマウマを選んで
交配を重ねていき
クアッガを復活させようという計画です。


29496990_1quaggaproject.org



このプロジェクトによって
作られるクアッガたちは
遺伝的に本物のクアッガになるのか
それとも
クアッガのそっくりさんになるのか・・・。

どちらにしても
「新クアッガ」です。



このまま絶滅したままにしておきたくない
という気持ちがいっぱいのプロジェクトです。




こちら
yyttきれいねっと



今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング
君が代から神が代へ 下巻
森井 啓二
星雲社
2017-12-18