以前、英国のテムズ川の白鳥と少女の話を書きました。
ひかたま:白鳥と少女

次のショッキングな写真は
英国ロンドンの東にあるライムハウスのテムズ川で撮影されたもの。
テムズ川にいる白鳥です。


4934B8D600000578-5392027-Horrifying_pictures_of_a_swandailymail.co.uk

ゴミの汚染がひどくて
水面が見えない・・・。


4934B88200000578-5392027-A_football_loose_Styrofoam_and_dailymail.co.uk

そんな中で
餌を探しています。

4934B8BA00000578-5392027-A_swan_struggledailymail.co.uk


でも
これでもかなりマシになったようなのです。


1800年代のテムズ川は最悪の汚染状況だったそうです。

the-river-thames-340x260todayifoundout.com

当時の絵で
テムズ川の水を顕微鏡でのぞいた風刺画
Monster_Soup-340x231todayifoundout.com

当時のロンドンは、
まともな下水道設備もないままに
人口だけ増加していき
あらゆる生活排水や糞尿は垂れ流し状態だったようです。

そこで
英国政府は、
18世紀に下水道を作り、
すべての汚水を直接テムズ川に流せるようにしました。

当時世界一の大都市ロンドンでは、
人口400万人を超え
あらゆる汚水、糞尿、工業用廃水、ごみなどを
川に流してしまったのです。


ロンドンでは1800年代にその不衛生さから
たびたびコレラが大発生していました。


そして
1858年の夏に
記録的猛暑となり
テムズ川の超悪臭は限界を超えました。

テムズ川汚染は「Great Stink:偉大な悪臭」と報道されました。

テムズ川の近くにあった国会議事堂では、
あまりの悪臭から
国会での議論が中止に追いこまれたほどでした。


その後
市民たちから激しい抗議があり
テムズ川の汚染対策が始まりました。

それから150年経ち
テムズ川はかなり綺麗な川へと変わりました。

でも
プラスチックゴミはかなりあります。

p037srsxbbc.com


こちらは
かつて
野蛮な未開発の川(上)

文明の発達した川(下)
の比較図です。
thum

驚くことに
つい最近までは
下の図のような文明の発達した場所にいることが
優れていると思われていたのです。







白鳥といえば、
ちょうど通りがかりに
長野県の犀川に立ち寄りました。

白鳥たちが北からたくさん飛んできます。

1IMGP2911

餌をとるときは
周りの鴨たちも一斉に潜ります。
1IMGP2917a

清流の中でくつろいでいます。
1IMGP2887

動画も撮ってきました。




今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。


人気ブログランキング