経済危機の悪化で深刻な食料不足のベネズエラ。

原油の埋蔵量で世界一ともいわれるベネズエラですが、

原油価格の下落が原因で
物価が高騰、
食料品や医療品が不足し
深刻な影響を及ぼしています。


いままで多くの動物たちが犠牲になってきました。
その状況は
いまも変わりありません。

ひかたま:ベネズエラの犬たち(閲覧注意:泣いてしまう)
ひかたま:ベネズエラの犬たち続編
ひかたま:経済破綻ベネズエラの動物園で多くの動物たちが餓死


現在も
動物園の動物たちは
餓死したり
動物同士で共食いしたり、
他の飼育動物を餌にするといった悲惨な状況になっています。


骨と皮だけのライオン。
西部スリア州サンフランシスコにある動物園です。
hhelpais.com



これは
かろうじて生きているプーマ
1519756808_25044elpais.com

骨と皮だけになったトラ
15197568elpais.com
ネコ科の大型動物は
一日当たり体重の8%ほどの肉を食べる必要がありますが、
ここでは、
週一回くらいしか食べることができないようです。





ベネズエラ各地の動物園では
食料不足だけが問題ではありません。


多くの動物たちが盗まれ続けています。

経済破綻で食料を買うことができない人たちが
飢えをしのぐために盗んでいるようです。


ベネズエラでは
2017年の調査では
国民の約90%が貧困状態のままです。


なんとか動物たちを支援できないでしょうか・・・。



今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。



人気ブログランキング