抗うつ剤を飲んでいると
認知症にならないの?


というシンプルな疑問があります。

desktop-3289272_960_720


これを
英国のイーストアングリア大学の研究チームが調べています。

t5ttbmj.com


この研究では
2006年4月から2015年7月までの間に
認知症と診断された
65~99歳の40,770人を対象にして
20年間のカルテと処方記録 2,700万件を精査しています。

対照として
認知症ではない人
283,933人との比較も行いました。


その結果
うつや神経痛などの薬として処方される

アミトリプチリン製剤  (商品名:トリプタノール、ラントロン、アミトリプチリン塩酸塩錠)
パロキセチン製剤(商品名:パキシル)

などを
4年~20年間飲み続けた人たちは、
認知症の発症リスクが高くなる傾向がある
ことがわかりました。




今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング