米国カリフォルニア州の上級裁判所は、
カリフォルニア州内で販売されるコーヒーに
「発がん性を警告するラベル」を表示するように
コーヒーチェーンなどの販売業者に命じた先に行われた裁判の判決を支持しました。


coffee-2714970_960_720


上級裁判所の裁判官は
スターバックスをはじめとする大手企業は、
コーヒーを飲むことから得られる健康上の利益が、
豆の焙煎時に生じる発がん性物質によるリスクを上回ることを証明できなかった

ことを指摘しました。

そして
非営利団体「有害物質に関する教育・研究協議会」が
コーヒーを製造・販売する約90社を相手に起こした裁判における先の判決結果に
支持を表明しました。


この協議会は、
ほとんどのコーヒーに含まれる化学物質アクリルアミドが
カリフォルニア州では「発がん性物質、または健康に有害な物質」に規定されているために
警告表示を提示するよう求めていました。


訴えられていた被告側は
コーヒーにアクリルアミドが含まれているという点は認めたものの、
アクリルアミドは
焙煎過程で自然に生じる副生物であり、
健康上の有害性は無いこと

そして
コーヒーを飲むことの利益は発がん性物質によるリスクを上回ることを主張してきました。



これに対して
裁判官は、
健康上有害性がないアクリルアミドの最低量がどのくらいなのかを
検証した具体的な証拠を被告側が提示しなかったことから、
有害性が無いとは言えないという判断になりました。

すでに
セブンイレブンなど被告企業の一部では
今回の上級裁判所の判断の前にいち早く
90万ドルを支払い
コーヒーに発がん性の警告表示を決定し和解していましたが、

スターバックスなど一部の企業では
最終的な判断をこのロサンゼルス上級裁判所の判断に委ねていました。


これによって
カリフォルニア州では、
コーヒーのラベルに健康上のリスクを警告する表示つきで販売することになります。

カリフォルニア州では
1986年から
「プロポジション65(安全飲料水および有害物質施行法)」が施行されていて
それに順守しない場合
つまり警告表示なしにコーヒーを販売した場合の罰金は、
1杯当たり2500ドル(約27万円)になる可能性があります。


今回裁判の焦点になっているアクリルアミドは、
植物由来の食品を焼いたり揚げたりすることで生成される物質です。

ポテトチップスやフライドポテトに含まれるために、
マクドナルドなどの企業も訴えられ
10年ほど前にプロポジション65に関連した訴訟で和解に応じていました。


あらゆる加工食品には
とても多くの物質が含まれているため
今後
警告表示だらけの食品で溢れる日が来るのかもしれません。



今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング