冬眠明けの野生のクマさんたちに会ってきました。
.。゚+.(・∀・)゚+.゚

その姿は
とても神々しく
そして
とてもかわいい。

hIMGP8664


こちらは親子のクマさんたちが
山道を歩いてました。
子供は1歳くらいのようです。
可愛い。
hIMGP8785

こちらは石をひっくり返して食べ物を探しています。

今年は山の食べ物も少ないようです。
hIMGP8873


こちらは
お母さんクマが
はぎたての木の幹です。

IMGP5961



クマさんたちが暮らせる森は
とても自然豊かな森です。



人は
意味なくクマたちを怖れますが
本来とても優しい動物です。


さて
今週も悲しいニュースが次々と。


カナダ・アルバータ州では
春のクマ狩りが始まります。

森の奥で平和に暮らしているクマを射殺していきます。

これを反対する署名も始まっています。

署名は
こちらから。

bearsss



また
イエローストーン国立公園のあるワイオミング州でも
秋から
クマの射殺を始めることになりました。

もちろん
平和に暮らすクマたちです。

bearhuffingtonpost.com


日本でも
「春クマ狩り」というのがあります。

早春
冬眠中か冬眠明け直後のクマを、
クマの冬眠穴を探し出して、
殺す猟です。

森にクマがいると
人に危害をくわえるかもしれないという
根拠の全くない理由
殺していくのです。


猟師にとっても
冬眠明けのクマは、
漢方薬の熊の胆として高額で取引される胆嚢が大きく腫大しており、
高額で取引できるのです。


何故このように
本来山奥で平和に暮らしているクマたちを殺さなければならないのか
何故、共生できないのか
私には理解できません。


ひかたま:クマさん対策
ひかたま:クマとの共生
ひかたま:クマさんのGPS
ひかたま:神父さまは熊
ひかたま:シアトルの言葉:北海道で巨大ヒグマ射殺

今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング