カンムリキツネザル

赤ちゃんがドイツ・ライネの動物園で生まれました。

この幸せそうな顔。
6a010535647bf39izooborns.com



マダガスカルの北部にだけ生息する貴重なサルです。

カンムリキツネザルのすごいのは
すごい山に住んでいること。

生息地に
「ツィンギ」
と呼ばれる鋭い刃物のような岩が連なる場所があります。
ツィンギとは、現地の言葉で
「尖って歩けない場所」という意味です。

article-2126941-12837DCF000005DC-76_964x641dailymail.co.uk

人がいくのは命がけの場所です。

article-2126941-1dailymail.co.uk

このような場所には
いくつかの種類のキツネザルが住んでいます。

これは
ホワイトレッグドキツネザル。
article-2126941-12837FA3000005DC-914_964x641dailymail.co.uk

article-2126941-128dailymail.co.uk


こちら、
カンムリキツネザルのお母さんが
赤ちゃんを抱えたまま
針のような岩山を
ジャンプする映像があります。



ツィンギの合間には
カンムリキツネザルたちが食事をする森が点在しています。

こういった厳しい環境の中ですので
赤ちゃんはお母さんにしっかりとしがみついています。


こんな厳しい中に生息するのは
理由があります。


マダガスカルでは
この絶滅に瀕した希少なカンムリキツネザルは
乱獲され、
生息地は焼き払われ
地元の人の食用とされたり
高級食材としてレストランに売られてしまうことがあるのです。


現在は
大規模に保護活動が行われていますが
以前として
絶滅寸前の状態です。


キツネザル科の猿たちは、
マダガスカルの固有種で
106種類存在し、
そのうちのなんと
94%が絶滅危惧種
に指定されています。

そのうちの
23種は、
最も絶滅する危険性が高い「絶滅危惧IA類」に分類され
地球を去ってしまう可能性が高いのです。

さらに
キツネザルたちは
マダガスカル島の生態系にとても重要な役割を担っているため
絶滅してしまった場合、
他の生き物たちの存続にも関わってきます。



6a01izooborns.com

6a01zooborns.com

6a010535647bf3970b0223c84f5191200c-800wizooborns.com

6a010535647bfozooborns.com

6a0105356zooborns.com


この笑顔が
未来永劫見ることができますように。



こちらもフォローよろしくね
app-icon2@pipparokopia



今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング