七夕

五節句の一つ。
日本の七夕は、新暦7月7日に行われることが一般的です。

七夕では
一般的には短冊に願いを書いて
竹に飾りますよね。

1IMGP0929


多くの七夕の神事は、
7月7日午前1時頃に行うことが多く、
お祭は、7月6日の夜から7月7日の早朝にかけて行われます。

7月7日の夜中には
天頂付近に、天の川を挟んで
牽牛星(ひこぼし)、織女星(おりひめぼし)が綺麗に見えるようです。


ほとんどの人は七夕は知っているとはいえ
牽牛星と織女星を見る人は
少ないのではないでしょうか。


これは
国立天文台の発表している
7月中旬の東京の夜9時の空です。

skya-s国立天文台


東側の空を拡大すると

夏の大三角形が見えます。
夏の大三角は
わし座のアルタイル、
こと座のベガ、
はくちょう座のデネブ
の3つの星で形成されています。

これらは
とても明るい星ですので
都会でもよく見えます。

というか、
都会では
夏の大三角形のような明るい星だけしか見えないかもしれません。
sky-s国立天文台

この夏の大三角形のうちの二つの星
わし座の1等星アルタイルが、ひこぼし
こと座の0等星ベガが、おりひめぼし
です。


空気の澄んだ場所では
その星の間に天の川が見えます。
 

そして
あまり知られていないことですが、
この小さな星座であること座のベガ(おりひめぼし)は
12,000年後には、
北極星となります。



北極星は、
実は
ずっと同じ星ではないのです。






君が代から神が代へ 下巻
森井 啓二
星雲社
2017-12-18


今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング
君が代から神が代へ 上巻
森井 啓二
星雲社
2017-12-18