再掲です。

チンパンジーのジュワちゃん。

ジュワとは
スワヒリ語で「太陽」という意味です。

ジュワちゃんは、
保護された施設で名前を付けられました。
IMG_2580

ジュワちゃんは
赤ちゃんの頃
コンゴ民主共和国の森の中で
お母さんと一緒に幸せに暮らしていました。


そこに
兵士がやってきて
お金儲けのためにジュワちゃんを捕獲しました。


通常
赤ちゃんチンパンジーを捕獲するためには
母親を殺します。


赤ちゃんチンパンジーは数千ドルで売れるのです。


捕らえられたジュワちゃんは
買い手がつくまでの間
少なくとも4ヶ月以上に渡って
真っ暗な部屋の中に
脚を縛られたまま閉じ込められたままでした。


この話を聞いた開発業者が、
軍の大佐に
動物保護団体と取引するよう説得を試みました。

買い手がつかない状態のため
大佐は了承し、
ジュワちゃんは
ルウィロ霊長類リハビリテーションセンター(Centre de Rehabilitation des Primates de Lwiro
に保護されることになりました。


保護された時には、
真っ暗な部屋
監禁されていたジュワちゃんは
満足なエサも与えられていなかったため
脱水と栄養失調。


そして
ストレスで腕の毛を自分で引き抜いてしまい
毛がすっかり無くなっていました。


紐で縛られた脚は
褥瘡になっていて
化膿し始めていました。


身体は
糞尿にまみれていたそうです。

980xjuwaLwiro Primates

救助した時に
リハビリセンターのスタッフは
怖がるジュワちゃんを優しく抱きしめました。


そして
無事に施設へ保護。
14626b_76ba400a44ff500bc74c671ee7618781Lwiro Primates


ようやく保護施設に入り
太陽の光を浴びることが出来たジュワちゃん。


とてもいい顔をしています。


「太陽がいっぱい」という気分でしょうか。
980xjyuwa4Lwiro Primates

保護施設では
まず
霊長類学者のスタッフが代理母となります。

それから
多くのチンパンジーたちがいるので
ジュワちゃんのお母さん代わりの
若いチンパンジーが選ばれる予定です。

980xjyuwa3Lwiro Primates

他の孤児たちとも
お友達になれます。
980xjyuwa5Lwiro Primates


生涯のはじめから
大きな苦難を経験したジュワちゃんですが、

ゆっくりと
確実に
立ち直ってくれるでしょう。

980xjuwa2Lwiro Primates


ジュワちゃんの太陽を浴びる姿
幸せそうな笑顔がとても印象的です。





「日照昼 月照夜 」
という言葉があります。

日中は太陽が照り
夜になると月が照る。


当たり前のことですが、
太陽も月も
どんなときにも
私たちを照らしてくれています。


私たちは
自然界の恩恵を
当然のこととして
乱用していますが、
それは太陽の大きな無償の愛があってこそです。


太陽が
光と暖かさとエネルギーを無償でわけてくれるように


私たち人間も
思いやり、優しさ、慈悲、癒しなど、
分けたくなるものがたくさんあることに気づきます。


この地球でさまざまな人やさまざまな動物たちと共生しているのは
奪い合うためではなく、
分け合うことを学ぶため。

ジュワちゃんは「太陽」。

本来、
私たち一人一人も「太陽」です。


私たちが全員太陽のような存在になったら
世界中明るくなりますね。

この世界
本当は
太陽がいっぱいなのです。










今日もありがとうございます。

ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。

 
人気ブログランキングへ