フンボルトテン

とってもかわいいテンです。
be9190c5bd50pinterest.ca


このテンは、
北米の
カリフォルニア州とオレゴン州に生息しています。


カリフォリニア州では
長いこと絶滅したと思われていましたが、
1996年に再発見されました。


最近では
生息数も減少傾向にあり
野生の個体数は
カリフォルニア州で200匹以下となり、
オレゴン州でも数百匹程度しか残されていない
と推定されています。



この薄い緑の部分が
昔生息していたと言われている地域。

濃い緑色の部分が
現在生息が確認された地域です。
marten-range_12-15_no-sourceearthjustice.org

未来に渡って
安定して種が生存していくには
あまりに個体数が少ない状態です。
670theguardian.com


フンボルトテンの生息地は
森林伐採や山火事、宅地化、気候変動、疫病、農薬などの有害化学物質の散布など
さまざまな要因によって
その生存が脅かされてきました。


それに加えて
カリフォルニア州では
大麻の使用が合法化されたために
需要拡大を見込んで森林内での大麻栽培も解禁されました。
そこには、この絶滅が危惧されているフンボルトテンの生息地も含まれています。

生息地のあるカリフォルニア州北部では、
大麻栽培が盛んで、
テンの生息地が失われる原因になっています。

さらに
大麻栽培時に使われる農薬も有害であり、
これもテンの健康被害や死亡に加担しています。

1433theguardian.com


566713614_750x422abc10.com

人間の都合ばかり考えて
このような美しい生物を絶滅させてはなりません。


今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング