レイモンド島でコアラが餓死の危機

koala-1208916_1280

オーストラリアのビクトリア州沖にあるレイモンド島
長さ6 km 、幅2 kmの小さな島です。

野生のコアラが住んでいることで有名です。

オーストラリアでは、

欧州からの移住者によりコアラが手当たり次第に射殺され
絶滅の危機に瀕してしまった時期がありました。

その時に
コアラを保護するためにレイモンド島に移されていたのです。

現在
約250頭のコアラと住民470人が暮らしています。

島には
コアラの案内看板が多く設置され、
コアラウォークと呼ばれるルートを歩いて
野生のコアラたちを観察できるようになっています。

Map-of-Raymond-Island-640x461google




この島では
森林火災防止のために
樹木伐採が行われ
その過剰な伐採の結果、
生態系が破壊され、
野生のコアラが餓死寸前となってしまいました。

小さな島には
ぎりぎり多い数のコアラが生息していたために
少しの伐採でも
ユーカリの木が足りなくなってしまったのです。


写真は
餓死したコアラです。
10048900-3x2-700x467abc.net.au



オーストラリアでは
現在、気候変動により乾燥が激しく
ブッシュファイヤーと呼ばれる自然火災が激化するのを防ぐために
森林を伐採してしまうという対策を行っています。

これによって
ユーカリの葉を主食として生きているコアラは
食べるものがなくなっているのが現状です。


広大な土地を有するオ-ストラリア本土に
もう一度
コアラの楽園を作ることは可能でしょうか。

地球は
私たち人間のためだけにあるのではありません。



今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング