エピオルニス

アフリカのマダガスカル島に
近年まで生息していた
史上最重量の巨大な鳥です。

地面から頭頂までの高さは3~3.4m、
体重は推定400~500kg。

現在最大の鳥ダチョウの体重は
130kg前後
ニュージーランドに生息していたジャイアントモアの体重は
250kg前後ですから、
いかに巨大か想像できます。

aepyornis_by_sameerprehistorica-d5kj0c6deviantart.com



マダガスカル島だけに生息していた固有種で
人間がこの島に移住するようになってから
狩猟や森林の伐採による生息環境の変化によって激減し、
絶滅してしまいました。

所説ありますが、
1840年頃までは生存していたといわれています。

いまだに
マダガスカルのかつての生息地には
エピオルニスの卵の殻が落ちています。

ダチョウの卵の約7個分もある大きなものです。

恐竜の卵よりも大きく、
世界最大の卵とされています。

00484447mindenpictures.com

数年前に
このエピオルニスの卵が
オークションにかけられました。

an-intact-elepharm-auctions.com



もし現在もこの鳥が生きていたとしても
人間の手によって
あっという間に絶滅させられたと思います。

人はいまだに
本当に大切なものを理解していないからです。






70726f6475637



今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング