最近のオリンピック騒ぎやスポーツ界の不祥事を見るたびに
現代社会では
スポーツそのものが
だんだんと本質からかけ離れていっているように思えます。


オリンピックの裏側では
虐待や暴力、賄賂、商業優先・・・・
さらに水面下では
人体のDNA改造まで行われています。

世界反ドーピング機関では
「遺伝子編集による遺伝子ドーピング」を
ドーピング禁止リストに加えましたが
そもそも選手の遺伝子改変を検出する技術が確立していません。

ground-1585817_1280


勝者至上主義を掲げたスポーツでは
楽しみや喜び、充実感といった遊びで感じるような楽しい要素はあまり無く、
ただ勝者になることが
最優先されるあまり
厳しさや苦しみ、プレッシャーなどが多く
より攻撃的な面が目立ちます。


本来、
勝ち負けは、スポーツには大切なこと。
なぜなら
勝ち進むにつれて、
洗練された技を競い合う相手と繋がることができて、
お互いに技術を高め合うことができるから。


でも、
ただ相手国の選手に勝ちたいとか、優勝したいというだけの理由であれば
スポーツの本質を歪めてしまうと思います。


現代の勝負には
そのような歪んだ方向性が多くなってきたのではないでしょうか。


相手のアスリートやチームを敵とみなし、
敵に勝つために
参加する人たちを組織化し
支配的な構造を作り出し
権力主義を受け入れて
服従を覚えさせたうえで
厳しい訓練に耐えさせていく。



チームの協力関係は、
勝利を獲得するためのものとなり、
敵対心や攻撃欲も正当化され、
順位付けを重要視させてしまう。

試合中に相手を傷つけてまで勝つことすら
正当化してしまう・・。


これは
欲望の肥大化でしかなく、
スポーツを通して多くの人の意識に浸透してしまうという
怖い影響もあります。



きっと
勝ち負けにこだわらずに楽しむものが
スポーツの始まりだったはず。


勝負ごとでも
お互いが切磋琢磨して
極限まで高めた技術で素晴らしい試合内容を作り出すことが
スポーツの楽しみ。

勝ち負けよりも
極限まで高めた技術を披露する試合内容のほうが大切なはず。



本当のスポーツ意識を持っていれば
テニスの試合で素晴らしい試合の末に
優勝した選手に
観客が賞賛をしても
ブーイングすることなど決してないはずです。




昔は
「参加することに意味がある」と言われたオリンピックも
いまでは
「勝たなくては意味がない」というものに変わり
勝者を称賛し、尊敬する代わりに
敗者には目もくれないという風潮が出来上がっているように思います。



勝利として
試合の内容よりも
他の選手やチームを打ち負かすことだけに関心が集まり
試合を見なかった人が結果を聞くときも
「どっちが勝った?」
という結果だけが重要視されます。


私は
格闘技を見ていて
負けて横たわっている相手の頭を
勝者が思いっきり踏みつけているのを見たり、

サッカーで自分のゴールに点を入れてしまった選手が
試合後に射殺された報道を見て
ぞっとしてしまいました。



相手を打ち負かすことによって得られる勝利の快感は
砂糖や麻薬と同じように
終わりなくエスカレートしていく怖れがある

と思います。

その意識は
スポーツを超えて
社会全体に浸透していく・・・・・。





すでに
遺伝子編集技術を使って
DNAレベルにおいて勝利するための人体改造計画が始まっています。

遺伝子を、
その競技に適したものに改造すれば
勝てます。

そんなのはスポーツなのでしょうか?




競争と挑戦を同じものとみなしている人も多いようです。

でも
競争には相手を打ち負かすという優劣が生じてきますが
挑戦には、優劣は存在しません。

私は
個人的には
勝ち負けにこだわる必要のない
純粋に挑戦するスポーツが好きです。



日本の武道は
お互いに尊重し合い、切磋琢磨する中で
己に挑戦し、
己を調和していくためのもの。

だから礼はかかせないのです。

でも
五輪柔道は、今や勝つためだけのもの。
これは道とは言ってはいけないJUDOになってしまいました。




現代社会の構造では
優劣をつけたり、
勝者と敗者を明確にするスポーツがとても都合がよいのでしょう。


組織構造とか権力者構造とか敵対構造など
一般社会でのお金儲けのための競争を正当化し、
その考え方を強化するためのものとしても
利用されているような気がします。


どうしても
勝者と敗者を作らないとスポーツは成り立たないのですか?

観客も
自分が応援する側の得点だけを気にするよりも
もっと
双方の素晴らしい技を
偏見や贔屓なく堪能することはできないのでしょうか。


もう一度
スポーツの原点を確認する時期にきているのではないでしょうか?


スポーツについて
自分が
思ったことを素直に書きました。
誰からの賛同がなくてもいいです。



こちらはシンプルなアンケートですが
コメント欄で
皆さんのいろいろな意見を聞いてみたいです。




今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング