昆虫たちは
私たちの生活になくてはならない存在です。

bee-1726659_1280


ご存知の通り
昆虫のいない世界では
私たちは生きられません。

多くの作物の受粉を
昆虫たちの働きに頼っています。

多くの生き物たちが
昆虫の栄養分に頼って生きています。

自然界の健全な生態系を維持するためにも
昆虫は必要不可欠な存在です。




その昆虫たちが
世界中で
急速に数を減らしています。


ドイツ全域での調査では、
飛行昆虫が76%も激減したことが判明しました。

世界各地から
蝶々が激減しているという報告が多数発表されています。

日本を代表する虫の一種ともいえる
赤トンボも、
全国的に激減しています。
 

大阪や兵庫、三重、富山、長崎、鹿児島など自治体では、 
すでに、 
絶滅の怖れがある生き物「レッドリスト」に赤トンボが掲載されています。 

特に、 
鹿児島県では「ほぼ見られない」として、 
2014年版から絶滅の危機が迫った「絶滅危惧一種」にリスト入りしてしまいました。 


ここ十数年は、
一気に赤トンボが減少した印象がありますが、 

石川県立大学名誉教授の報告では、 
この20年間でアキアカネの生息数が、
およそ
1,000分の1に激減したと見積もっています。
 



プエルトリコの熱帯雨林では
たった約40年間で
昆虫は
60分の1に激減しています。

プエルトリコでは
1960年代後半から
農薬の使用量を徹底して減らしてきたにも
関わらず
減少が加速しています。


さらに
昆虫の減少に伴って、
これらを食料にしている動物たち
トカゲやカエル、鳥類なども
減少していることが確認されています。

すでに発見できなくなってしまった動物もいます。

現在
地球の気温が急激に極端化しています。

でも
昆虫には体内の熱を調整する機能に乏しく、
気温の変動に対応することが困難なために
人や動物よりも
はるかに大きく気温の変動でダメージを受けることになります。



昆虫を嫌う人も多いようですが
私たちの現代生活は
虫の恩恵なしには成り立たないのです。




今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング