中国政府は
2020年に「人工の月」となる照明衛星を打ち上げる計画です。

IMG_826blog6


この「人工の月」人工衛星は
「月明かりを補完する目的」で設計されています。

上空500kmの位置から
太陽光を反射して、
直径10〜80kmの範囲を照らす計画です。

今回対象となる地域は
中国四川省の省都であり、副省級市でもある
成都市です。
成都平原の真ん中にあります。

四川省の西昌衛星発射センターから
打ち上げが予定されています。


本物の月は
地球から380,000km離れています。

人工月衛星から送られてくる光の照度は、
本物の月のおよそ8倍

この照度と照らす場所は、
コントロール可能とのこと。

これによって
夜の成都市を、夕暮れ時くらいの明るさに照らすことによって
電気代を節約しようという意図です。

節約できる電気代は
年間およそ12億元(約200億円)だそうです。




今回の計画が成功した場合、
2022年までに
さらに3つの人工の月が打ち上げられる計画となっています。



人工の月光によって
生物の概日リズムを乱す可能性や、
天体観測への悪影響を懸念する声なども上がっています。


目先の都合だけ考えて行動することによって
どのような影響が
どこにでてしまうのか
誰もわかりません。



「菜の花や 月は東に 日は西に」
与謝蕪村

月の光があちこちにあったら
蕪村はどう詠むのでしょうか・・。



こちらも
ひかたま:満天の星と光害

ひかたま:新しい光害

ひかたま:スーパームーンと野生動物の密猟


今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング
君が代から神が代へ 上巻
森井 啓二
星雲社
2017-12-18