準天頂衛星システム「みちびき」

日本の衛星利用測位システム(GPS)として
衛星「みちびき」4基体制の本格運用が
2018年11月から始まりました。

michibikiqzss.go.jp

現在の米国のGPS衛星に
日本のGPS衛星「みちびき」が加わることによって、
より正確な位置情報を得ることが可能となり
今までは
衛星の死角となっていた
山間部や高層ビルの谷間などで生じていた
位置表示の乱れや大きな誤差の問題が大きく改善されることになります。



「みちびき」は、
1号機が、2010年9月
2号機が、2017年の6月、
3号機が、2017年8月、
4号機が、2017年10月に
打ち上げられていました。

1,2,4号機は
日本からオーストラリアにかけた上空で8の字を描く「準天頂軌道」を周回。

3号機は静止軌道を飛行しています。
juntenqzss.go.jp



日本のGPS衛星が4基体制になってから、
今までにさまざまな試験が行われ、
今月から本格運用になりました。

2015年1月に策定された宇宙基本計画によると、
「2023年度をめどに持続測位可能な7機体制での運用を開始する」
と記されています。
7機体制になると
米国GPS衛星に頼る必要がなくなります。

htqzss.go.jp



今回「みちびき」4機の本格運用が始まったことによって
常時少なくとも1つの衛星は、
日本のほぼ真上の軌道を飛行していることになります。


これによって
米国GPS衛星だけに頼っていた時よりも
高い精度の位置情報が得られることになります。


また、
万が一
米国GPS衛星に不具合が生じた場合の影響も無くなります。


さらに
「みちびき」は補強信号を発信しているため
この信号を受信できる専用装置を取り付ければ、
位置表示の誤差を
6cm程度にまで縮めることが可能
になります。


これにより
正確な位置情報が不可欠な幅広い分野での活用にも
期待が寄せられています。


世界初のcm単位での精密衛星測位サービス
現実のものとなりつつあります。



私は
個人的には
カーナビが目的地にほぼ近づくと
自動的に案内が終了してしまうのも
ついでに改善してほしいです。




今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング