ジャンクフードと呼ばれる食べ物類があります。

ジャンクフードは、
人や国によってもさまざまな定義がありますが、

一般的には
栄養バランスを著しく欠いた心身に有害な調理済み食品
のことを言います。

でも塩分や糖分、脂肪分が高いものが多く
味覚を刺激するために
多くの人が好んで食べる傾向があります。

eat-1352880_1280


今回
大規模研究によって
ジャンクフードを食べることで
がんになるリスクが高まることが明確になりました。


今回の研究では、
ニュートリスコアとして知られている英国食品規格機関によって開発された評価システムが使用されました。
ニュートリスコアは食品の栄養品質に基づいて
AからEまでアルファベット順に採点され、
Aは最も栄養価が高く、
Eは栄養に関して最も低い品質になります。

ニュートリスコアは、
消費者がより良い食品選択をするために、
食品の栄養品質を手軽に判断する助けとなる便利なものです。
砂糖、飽和脂肪、塩分、その他の成分が高いか低いかを
わかりやすく表示しています。



フランス国立保健医療研究所の指導の下、
研究者たちはこのニュートリスコアを使用して、
ヨーロッパの10ヶ国の約50万人の人たちの食事内容を等級分けしました。

その後、
約15年間にわたるフォローアップ期間中に
参加者の間で認められたがん率を比較することによって
食事の質とがんの発生の関係を調べました。


その結果、
特にジャンクフードを最も多く食べた人たちは、
胃、呼吸器系、結腸直腸がんのリスクが高い
という結果でした。

その中でも
ジャンクフードを食べる男性では、肺がんのリスクが高まり
ジャンクフードを食べる女性では、閉経後の乳がんや肝がんのリスクが高まることも判明しました。



現在、
たばこには
たばこ警告表示という商品に表示されている健康に関する警告が義務付けられています。
国によっては、写真入りの怖い警告のものもあります。

日本ではさまざまな文言があります。
喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなります。疫学的な推計によると、喫煙者は肺がんにより死亡する危険性が非喫煙者に比べて約2倍から4倍高くなります。
妊娠中の喫煙は、胎児の発育障害や早産の原因の一つとなります。疫学的な推計によると、たばこを吸う妊婦は、吸わない妊婦に比べ、低出生体重の危険性が約2倍、早産の危険性が約3倍高くなります。
などと書かれています。


いずれ
ファーストフードなどの加工食品にも
警告文が記載される日がくるのかもしれません。





今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング