世界的にミツバチの激減が問題視されています。

私たちの生活の維持には
ミツバチの働きは欠かせません。

ミツバチが
とても多くの農作物の受粉に関わっているからです。

bees-18192_1280


都会で蜂たちが目の前で飛んでくるだけで、
大騒ぎして嫌がる人さえいます。


でも
共存共栄は、
人にとってもとても大切なことなのです。



すでに私たちは、
蜂がいないと生きていけないほど、
蜂に頼って生活していることを
忘れている人が多いようです。


現在、
世界の食料の約三分の一は、
虫たちの働きに頼っているのです。

この写真のサラダバーは、
左半分が蜜蜂のいない世界右半分が蜜蜂のいる世界。

こんなにも違います。
aradabarTheHuffinghtonPost
チョコレートでさえ、
虫がいないと作ることが出来ないことを知らない人が多いのです。



それにも関わらず
人は虫を嫌い
毎日のように
虫に関する悲しいニュースが絶えません。


今週は
南アフリカのケープタウンで、
ワインを製造しているあるブドウ農場で
多量の殺虫剤を散布して
少なくとも百万匹以上のミツバチたちを殺してしまった報道がありました。



この近くには
養蜂場もあり、影響を受けているようです。


今回使用されたのはフィプロニル。
昆虫だけに対して強い毒性を示すために
気軽に使われてしまう傾向がありますが、

EU諸国では、
ミツバチ保護の観点から
2013年以降使用禁止とされている化学物質です。


もっと
小さな生き物を大切に思う心が広がってほしいと思います。




動物や植物、鉱物など
あらゆるものを大切にする心は
人への差別をなくす最も大切な資質です。


タミル人の聖者スワミ・ラーマリンガ師は
人が神と合一するまでの道を
後世に残しています。

その中で
人が霊性を進化させて、悟りを得るためには
まず
あらゆる生き物への慈悲の心は必須である
述べています。






今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング