一昔前までは
損傷してしまった神経は
回復できないと思われていました。

でも最近の研究では
神経細胞も治癒することが明らかになってきました。


ノースウェスタン大学とセントルイス・ワシントン大学医学部の研究チームは、
生体吸収性素材で作られた機器を生体内に埋め込み
それによって
損傷した神経の再生を促進し、
神経の治癒を改善する
という新しい技術を発表しました。

ytttryoutube


この「生体吸収性電子医療」機器は、
直径約18mmで
フィルムのようにとても薄く、
約2週間埋め込んだ部位で作動してから
溶けて体内に吸収されていきます。

従来のインプラントに伴う副作用やリスクを低減することができます。
ttyoutube

rrryoutube




研究チームは、
この機器を
ラットで実験しています。

ラットの損傷した末梢神経に
周期的な電気パルスを送って
脚の神経の回復を促進し、
回復能力を高められることを確認しました。



この生体吸収性電子医療機器は
まだ人には臨床試験がされていませんが、
近い将来、
神経損傷患者の治療の選択肢になる可能性が出てきました。








今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキング