日本独特の美意識に
「わび 侘」「さび 寂」
があります。


IMG_9441


わびさびは
名前は知っているけれども
説明できない人は意外と多いのではないでしょうか。

シンプルにまとめてみましょう。


わびは侘しさ、さびは寂しさに由来する言葉です。

本来、
侘しさには「物質的に思い通りにならないつらさ」
寂しさには「衰えていくさま」
という意味があります。

そこに
美を見つける
のが日本の感性です。



「わび 侘」は、
内面の豊かさのこと。
日本独特なのは、
質素で貧しくても
物質的には思い通りにならなくても
そこに心の豊かさを見出していること。



「さび 寂」は、
見た目の美しさのこと。
日本独特なのは、
古くなって経年劣化し、
年を経ないと現れることのない多様な変化の中に、
美を見出していること。



物や人の心を繊細に扱い
物事の解釈を心の内側へといざなう
日本人ならではの言葉です。

物質世界に囚われていない
広い視野をもった心の在り方です。



私たちの本当の宝物は
すべて内側にあります。


でも
それがわかっていながら
私たちの意識は
ほとんどの場合
常に外側に向いたままです。




内側に本物の光がありながら
外側を探し続けています。


それが
苦しみや絶望の真の原因です。



どれだけ世界中の金銀財宝を集めて
億万長者になっても、

どれだけ聖書や自己啓発系の本を読みあさって
優れた哲学者になっても、

本当の豊かさはやってこない。

外側にいる限り
変わらず貧しいまま。



どんな時にでも
自分自身を見つめ
内側の光に意識が向いていること



そうすれば
いつ
どこで
何をしていても
豊かさが湧き続けて
光の世界、祝福の世界にいることになる。


「わび」「さび」は
それを心に留めておくための言霊です。



光の世界へと
「わび」「さび」はいざなってくれるのです。







おすすめ書籍
君が代から神が代へ 下巻
森井 啓二
星雲社
2017-12-18






今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング
君が代から神が代へ 下巻
森井 啓二
星雲社
2017-12-18