コンク貝

大きくて
美しい
カリブ海の天然宝石
と呼ばれている貝

昔は日本の海岸沿いのお土産屋さんでも定番の商品でした。

IMG_0345


でも
10年ほどで
絶滅するかもしれません。



貝殻自体がとても美しく宝飾品として利用される他に
この貝数千個に一つ見つかるピンク色の美しいコンクパールは貴重品であり、
さらに
肉が美味しいことから
ずっと乱獲され続けてきました。




この貝は
ある一定以上の数がないと個体数を維持できない生物です。



50個体以上の集団でいないと繁殖できないという不思議な生態を持っています。
さらに
背負っている貝殻がデカすぎるため、動きが遅く
遠くまではいけないのです。

最近の調査では
コンク貝の生息地の多くの地点で
繁殖に必要な個体数がいない
という深刻な状態になってしまっていることが
明らかになりました。

その場合
コンク貝は、繁殖しないまま
年をとっていき
死んでしまいます。


現在も
コンク貝の乱獲は続いていて

バハマでは
食生活には欠かせない食材となっているほか、
毎年、
大食い競争、料理コンテスト、早割り競争なども開催されているようです。


コンク貝の漁は、
米フロリダキーズ諸島で、乱獲のため、消滅
その後も
コスタリカ、ハイチ、オランダ領アルバ、英領バミューダ諸島などでも、
消滅

現在残された多くの場所でも
乱獲は継続されているようです。




コンク貝は、
海底の植物の枯れ葉などを食べてくれるため
海草が生える場所を健全な状態に保つ役割があります。

さらに、
ウミガメなどの大型の捕食動物にとっても
重要な食料となっています。


生態系にはなくてはならない存在なのです。

人の乱獲によって
いま
存続の危機に直面しています。


絶滅寸前になってから
あわてて対策しようとする・・・

その時には
もう

手遅れです。


私たちの身の回りでも同様です。


最近

スズメが減っていませんか?

蛍は減っていませんか?

アカトンボや蝶々は減っていませんか?

昔はどこにでもいた小さな生き物たちが
消えています。




今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング